遺伝子による検査のススメ

試薬選択ガイド

TB Green検出用 QuickPrimerシリーズ


QuickPrimer (Real Time)シリーズ


QuickPrimerシリーズの特長

横にスクロールできます

●Ct値とTm値に基づいて結果を判定

サンプルの増幅曲線より得られたCt値、ならびに融解曲線のパターンおよびTm値が、判定基準に一致するかどうかで目的遺伝子検出の判定を行います。

TB Green Premix Ex Taq (Tli RNase H)(製品コード RR420S/A/B)と組み合わせて使用

専用試薬との組み合わせで至適化されています。

豊富なラインナップから自由な組み合わせで使用可能

反応条件は全て同一なので、自由な組み合わせで使用できます。

反応時間はわずか約90分

1反応あたり約200円なので、安価なスクリーニング検出に好適

プローブ法と比較すると安価であり、コストダウンが可能です。
QuickPrimerシリーズの特長

タカラバイオでは、インターカレーター法のリアルタイムPCR(qPCR)試薬の製品名を2017年10月下旬より順次、「TB Greenシリーズ」に名称変更いたします。製品コードや試薬の性能に変更はありません。これまで通りご使用ください。


横にスクロールできます
インターカレーター法のリアルタイムPCR試薬解析結果

インターカレーター法(TB Green)について