遺伝子による検査のススメ

試薬選択ガイド

水質検査


■クリプトスポリジウム・ジアルジア検査

リアルタイムPCR法

レジオネラ属菌検査   
~生菌検出法(LC EMA-qPCR法)~

LC EMA-qPCR法

★詳しくはこちら


  • レジオネラ生菌遺伝子の検出が可能
    LC EMA-qPCR法は、「液体培養(LC:Liquid Culture)」と「EMA処理」を組み合わせた「迅速性」と「生菌選択性」を兼ね備えた遺伝子検査法です。
  • 2日間で結果判定が可能
    1日目は、検水をろ過濃縮し、酸処理を行った後、液体培養を開始します。2日目は、EMA処理を行い、DNA抽出後、リアルタイムPCRによる結果判定を行います。

令和元年9月19日に、厚生労働省医薬・生活衛生局生活衛生課長通知「公衆浴場における浴槽水等のレジオネラ属菌検査方法について」(薬生衛発0919第1号)が発出された。
これは、水質基準の項目の一つであるレジオネラ属菌の検査方法につき具体的な手順を示したもので、定量可能な迅速検査法(遺伝子検査法)としてLC EMA-qPCR法とqPCR法が収載された。
その中で、LC EMA-qPCR法の用途については、「迅速検査法のみで[レジオネラ属菌の]水質基準に適合しているか否かを判断する場合は、生菌の遺伝子を定量的に検出する方法(LC EMA-qPCR法)を用いる」と記載されている。
 [ ] 内の文言は補足のためにタカラバイオで追記

レジオネラ属菌検査 
~生菌死菌検出法(qPCR法)~

qPCR法

★詳しくはこちら


  • 広範囲なレジオネラ属菌の検出をカバー
  • DNA抽出は、簡易抽出 or カラム精製法から選択可能
  • 定性検査、定量検査どちらにも使用可能
  • インターナルコントロールによる偽陰性チェックが可能

令和元年9月19日に、厚生労働省医薬・生活衛生局生活衛生課長通知「公衆浴場における浴槽水等のレジオネラ属菌検査方法について」(薬生衛発0919第1号)が発出された。
これは、水質基準の項目の一つであるレジオネラ属菌の検査方法につき具体的な手順を示したもので、定量可能な迅速検査法(遺伝子検査法)としてLC EMA-qPCR法とqPCR法が収載された。qPCR法の特性を有効活用する場としては、清掃・消毒管理された検水におけるレジオネラ属菌の陰性確認や、培養法と併用したスクリーニング検査としての利用が挙げられている。

クリプトスポリジウム・ジアルジア検査 ~リアルタイムPCR法~

横にスクロールできます
クリプトスポリジウム・ジアルジア検査

※通知収載製品  ★詳しくはこちら
製品名 製品コード 収載された通知
Cycleave RT-PCR Cryptosporidium (18S rRNA) Detection Kit CY230 厚生労働省健康局水道課長通知「健水発0302第2~4号」(平成24年3月2日発付)「水道に関するクリプトスポリジウム等の検出のための検査方法の見直し等について」
Cycleave RT-PCR Giardia (18S rRNA) Detection Kit CY231