TaKaRa 採用情報

タカラバイオ株式会社

社長メッセージMESSAGE

タカラバイオは、前身である寳酒造株式会社(現:宝ホールディングス株式会社)のバイオ事業部門としてスタートいたしました。1979年に国産初の制限酵素を発売し、現在では約10,000種類の製品、サービスを世界中のバイオの研究者に提供しています。また、がんなどの遺伝子治療の臨床開発を進め、医療分野にも事業展開しています。

当社が事業領域としているライフサイエンス産業は、環境の変化が激しく、「技術」の進歩が速い事業領域です。当社は、「技術」によってこの変化に適応し、バイオ分野で事業を拡大させてきました。そしてこれからも「技術」で飛躍していきます。この「技術」を生み出すのは、まさに「人」です。

当社は、チャレンジ精神を持つ「人」を大切にします。また、このことだけは人には負けないという強みを持つ「人」、向上心が旺盛な「人」を大切にします。当社には、そのチャレンジ精神、強み、向上心を最大限に発揮し、成長できる環境があります。「人」の成長があってこそ、「技術」が生み出され、会社の成長につながると考えています。

2019年3月期は売上高、利益ともに過去最高を更新し、営業利益は10年連続の増益となり、2020年3月期も増益を予想しています。主力事業である研究用試薬や受託サービスにおいて蓄積した技術を医療分野へ応用し、今後は新たな治療手段(モダリティ)を創出する「創薬企業」として、飛躍的な成長を目指しています。

文系理系を問わず、バイオの最先端でチャレンジしてみたいという情熱に溢れた方々をお待ちしています。

代表取締役社長 仲尾 功一

©2020 Takara Bio Inc. All Rights Reserved.