タカラ-TAKARA

サステナビリティへの取り組み

 タカラバイオグループは「遺伝子治療などの革新的なバイオ技術の開発を通じて人々の健康に貢献する」という企業理念のもと、中長期的な企業価値の向上の観点から、事業活動を通じて健康をはじめとするサステナビリティを巡るさまざまな社会課題に取り組み、「持続可能な社会の実現」と「タカラバイオグループの持続的な成長」の両立を目指します。取り組みにあたっては、マテリアリティ(重要課題)を特定し、ステークホルダーの皆様との協働、宝ホールディングスグループとの連携によって社会課題の解決に資するよう、サステナビリティ経営を推進します。
 詳細は以下のタカラバイオグループ サステナビリティ経営推進基本方針をご覧ください。


タカラバイオグループ サステナビリティ経営推進基本方針
マテリアリティ(重要課題)の特定

 タカラバイオグループはサステナビリティ活動の推進にあたり、グループへの影響度、ステークホルダーからの期待度を加味し、 8つのマテリアリティを特定しました。今後、これらの8つのマテリアリティを中心に社会課題解決に取り組み、持続可能な社会実現とタカラバイオグループの持続的な成長を目指します。

推進体制

 サステナビリティ活動推進の体制として、タカラバイオの取締役社長を委員長とした「タカラバイオグループ・サステナビリティ推進委員会」を設置し、各マテリアリティへの取り組みを推進していきます。

宝ホールディングスグループのサステナビリティ活動については、宝ホールディングスのホームページをご覧ください
宝ホールディングスのホームページ

環境への取り組み

 地球環境の保全と事業活動の調和を経営の重要課題のひとつとして、環境法令・条例を遵守するとともに、自然保護活動への積極的な参加や省資源・省エネルギーに努めます。商品の研究、開発ならびに原料調達から生産、物流、販売、消費に至る全てのプロセスで発生する環境負荷削減に努めます。

社会への貢献

 いまだ治療法が充足されない、がんなどの重篤な疾病や希少疾患に対し、独自技術を駆使した遺伝子治療薬の開発を進めています。最先端のライフサイエンス研究に欠かせない研究用試薬・キットを世界中の研究者に提供することを通じて社会に貢献します。

コーポレートガバナンス

 企業としての社会的責任を果たし、株主をはじめとするさまざまなステークホルダーの皆様の期待に応えることで、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図ります。

本ウェブサイトでは、利便性およびサービスの向上のためクッキーを利用します。詳しく見る
サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いします。

同意して続行