タカラ-TAKARA

タカラバイオグループの事業

「試薬・機器事業」と「CDMO事業」を通じ、バイオ創薬基盤技術開発を進め、新モダリティ(治療法)を継続的に創出する創薬企業を目指します。

バイオ産業支援

遺伝子医療

※CDMO(Contract Development and Manufacturing Organization)とは
製薬企業などから医薬品の製法開発から製造までの工程を受託する事業を指します。
タカラバイオでは特に遺伝子治療薬などの再生医療等製品に注力してCDMO事業を進めています。

バイオ産業支援事業

大学や企業におけるライフサイエンス分野の活動を試薬・機器・CDMOサービスの提供を通じて支援しています。

試薬・機器

試薬
研究用試薬


理化学機器
Thermal Cycler Dice®
Real Time System III

 タカラバイオの研究用試薬、理化学機器は、TaKaRa®、Clontech®、Cellartis®の3つのユニークなブランドから成り、世界のライフサイエンス研究を基礎・先端分野から、産業応用分野まで広く支援しています。

 TaKaRa®は、タカラバイオによって開発・販売され、遺伝子工学、タンパク質工学、細胞工学などのバイオ研究全般にわたる豊富な製品をラインナップしています。そのスタートは1979年の国産初の制限酵素販売にまでさかのぼります。PCRシステム(装置と試薬)もいち早く製品ラインナップに取り入れました。 TaKaRa®は40年以上にわたり開発を積み重ね製品数を増やし、バイオ研究を強力に支援しています。2020年からはPCR技術を用いた体外診断用医薬品を加え、さらに領域を広げています。

 Clontech®は、旧Clontech Laboratories社(現Takara Bio USA, Inc.)によって開発され、主に、先端分子生物学研究を支援する製品から構成されます。特に、遺伝子の機能解析、タンパク質の相互作用研究、DNAライブラリ構築用製品などに強みがあります。最近では、市場が急拡大している次世代シーケンサー関連で優れた製品を開発しています。理化学機器では、シングルセル(1細胞)解析用の超微量遺伝子解析システムを開発・販売しています。

 Cellartis®は、スウェーデン・ヨーテボリ大学のメンバーらによって設立された旧Cellartis社(現Takara Bio Europe AB)によって開発されます。ES細胞、iPS細胞などの細胞製品、細胞培養用培地製品など先端的な幹細胞研究用製品などをラインナップしています。



TaKaRa 遺伝子工学をはじめ
バイオ研究全般にわたる豊富な製品を
取り揃えています。


主要製品

  • 遺伝子研究用試薬
  • 遺伝子検出試薬
  • ゲノム解析用試薬
  • 新型コロナウイルス検査関連製品
    (体外診断用医薬品を含む)

Clontech 分子生物学や細胞生物学などの
先端研究分野に強みを持つ製品群を
ラインナップしています。


主要製品

  • 次世代シーケンス解析用試薬
  • シングルセル解析システム
  • 遺伝子発現用研究試薬
  • 遺伝子機能解析用蛍光タンパク質シリーズ
  • ゲノム編集研究用試薬

cellartis iPS細胞などの
幹細胞研究関連製品を
提供しています。


主要製品

  • iPS細胞研究用試薬
  • 幹細胞培養関連製品、
    分化誘導製品

詳細は、研究用試薬のページをご参照ください。

CDMOサービス

遺伝子・細胞プロセッシングセンター
遺伝子・細胞
プロセッシングセンター

遺伝子・細胞プロセッシングセンター2号棟
遺伝子・細胞
プロセッシングセンター2号棟

CDMOサービス

 タカラバイオでは、製薬企業などから医薬品の製法開発から製造までの工程を受託する事業であるCDMO(Contract Development and Manufacturing Organization)に取り組んでいます。中でも、遺伝子治療薬などの「再生医療等製品受託」と、ゲノムシーケンスや再生医療等製品の遺伝子解析などの「遺伝子解析・検査関連受託」の2分野に特に注力しています。 CDMO事業の拠点である遺伝子・細胞プロセッシングセンターでは、ベクターや遺伝子導入細胞の製造や品質管理試験能力を増強しています。また、設備拡大と並行して、効率的な細胞拡大培養法、ベクター製造のスケールアップ技術の開発、製造工程の自動化などを進め、拡大するCDMOサービスのニーズへの対応を急いでいます。


詳細は、受託サービスのページをご参照ください。

体外診断用医薬品

ウイルスなどの核酸をPCR法により検出する体外診断用医薬品などの開発・製造および販売を行っています。


SARSコロナウイルス核酸検出キット

SARSコロナウイルス核酸検出キット

 リアルタイム RT-PCR 法により 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のRNAを検出するキットを販売しています。本キットの特長は、簡易抽出法の採用により RNA 精製を不要とした点で、標準的な PCR 検査法に比べて検査時間が短縮されます。また、内在性コントロールを同時検出するため PCR 阻害による偽陰性判定を防止することができ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断補助に使用できます。


詳細は、体外診断薬のページをご参照ください。

遺伝子医療事業

 バイオ創薬基盤技術開発を進め、製薬企業に導出したプロジェクトの価値の最大化、遺伝子治療の課題解決を目指した新規臨床プロジェクトの開発を進めています。

導出プロジェクト

遺伝子導入細胞の製造
遺伝子治療の研究の様子

 提携先との緊密な連携の下、上市を見据えた再生医療等製品の製造/供給体制整備を進め、適応拡大についても対処しています。

新規臨床開発プロジェクト

非臨床試験が進行中の新規CAR遺伝子治療法の、2022年度中の臨床試験開始を計画しています。

バイオ創薬基盤技術開発

遺伝子治療などのバイオ創薬基盤技術の開発に注力しています。
● AAVなどのウイルスベクターの大量製造法の確立
● 固形がんに適応可能な次世代CAR遺伝子治療法の開発
● 臓器特異的in vivo遺伝子治療用ウイルスベクターの開発
● 抗腫瘍効果が長期に持続する次世代TCR/CAR遺伝子治療法の開発

詳細は、遺伝子医療のページをご参照ください。

本ウェブサイトでは、利便性およびサービスの向上のためクッキーを利用します。詳しく見る
サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いします。

同意して続行