タカラ-TAKARAタカラバイオ株式会社

タカラバイオグループの事業

世界中の大学・企業に研究用試薬や理化学機器、受託サービスを提供する「バイオ産業支援事業」を安定収益基盤に、将来の成長事業である「遺伝子医療事業」に研究開発費を投下し、さらなる成長を図ります。

バイオ産業支援事業 遺伝子医療事業

ビジネス

バイオ産業支援事業 遺伝子医療事業

ビジネス

バイオ産業支援事業

大学や企業におけるライフサイエンス分野の研究用試薬・理化学機器・受託サービスを提供しています。

研究用試薬・理化学機器

試薬
研究用試薬

ICELL8
SMARTer™ICELL8®cx

RetroNectin
RetroNectin ®

 遺伝子や細胞研究に必要な研究用試薬の製造・販売を1979年に開始して以来、自社開発による製品数を増やしながら分子生物学研究に強みを持つ米国クロンテック・ラボラトリー社(現Takara Bio USA,Inc.)や、iPS細胞やES細胞などの幹細胞研究用試薬を扱うCellartis AB社(現Takara Bio Europe AB)をグループに迎え入れ「TaKaRa®」「Clontech®「Cellartis®」の3ブランドを展開しています。
 さらに、2017年新しくグループに加わった旧WaferGen Bio-systems社のシングルセル解析システム(装置)と、超微量DNA解析技術を保有する旧Rubicon Genomics社の独自技術を最大限に活用し、超微量核酸解析領域で新たに事業を拡大しています。


Clontech TaKaRa celllartis


受託サービス

遺伝子・細胞プロセッシングセンター
遺伝子・細胞プロセッシングセンター

 研究用試薬の開発で培った遺伝子・細胞工学技術や遺伝子治療の臨床開発の経験を活かした、再生医療等製品などの開発・製造を支援するCDMO事業を展開しています。
CDMO事業では「再生医療等製品開発サービス」とゲノムシーケンスや再生医療等製品の遺伝子解析などの「遺伝子検査サービス」をワンストップで提供する体制を構築しています。

1. 再生医療等製品開発支援サービス

 遺伝子治療分野で鍵となる、再生医療等製品の遺伝子導入用ウイルスベクター・細胞の開発と製造をはじめ、品質試験・安全性試験、セルバンクの作製・保管などの受託サービス事業を展開しています。このほど「遺伝子・細胞プロセッシングセンター」の増築工事が完成しました。今後、再生医療等製品関連受託の拡大や自社開発した遺伝子治療薬の製造体制および研究開発力の一層の強化をはかります。

cgcp2

2. 遺伝子検査支援サービス

 ヒトゲノムの配列解析や、がん関連遺伝子の網羅的解析、腸内細菌叢の解析などの遺伝子検査支援サービスに加え、次世代シーケンス、ゲノム編集などの最新技術・機器を用いた先端的な遺伝子工学研究支援サービスを提供しています。また、大阪大学医学部附属病院が実施している、がん患者の遺伝子変異を調べ、最適な治療法を探る「がんゲノム医療」の先端医療を支援しています。




詳細は、バイオ産業支援のカタログページをご参照ください。

遺伝子医療事業

がんなどの疾患を対象とし、腫瘍溶解性ウイルスCanerpaturev(C-REV)や、Engineered T Cell Therapy(遺伝子改変T細胞療法)などの遺伝子治療の臨床開発を進めています。

Oncolytic Virus(腫瘍溶解性ウイルス)
Canerpaturev(略称:C-REV)

 C-REVは、単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)の弱毒化株で、がん局所に注入することによって腫瘍溶解による抗腫瘍作用を示します。さらにC-REVの投与により、がん細胞に対する免疫が増強することから、C-REVを投与していない腫瘍部位での抗腫瘍効果も期待されます。このようなウイルスはOncolytic Virus(腫瘍溶解性ウイルス)と呼ばれ、正常組織に過度の損傷を与えることなく、腫瘍組織内で選択的に増殖し、腫瘍組織を破壊するため、新しいがん治療薬として開発が進んでいます。
 当社では、メラノーマと膵臓がんを適応症として国内外でC-REVの臨床試験(治験)を進めています。このうち膵臓がんでは、C-REVの新規なメカニズムと、これまでに得られた臨床データから、膵臓がん領域におけるC-REVの医療ニーズが高いことを考慮し、膵臓がんを対象とした開発に注力しています。現在、治癒切除不能な膵臓がんを対象とした第T相臨床試験が進行中です。

Engineered T-Cell Therapy(遺伝子改変T細胞療法)

遺伝子導入細胞の製造

1. siTCR®遺伝子治療

 TCR(T細胞受容体)遺伝子治療は、がん患者から採取したT細胞と呼ばれる免疫細胞に、がん細胞を認識できるTCR遺伝子を導入し、細胞を増殖した後に患者に投与します。この遺伝子導入リンパ球は、がん細胞を特異的に認識して攻撃し、がん細胞を消滅させる性質があり、これを利用してがんの治療を行います。さらに当社では、独自技術であるsiTCR®ベクター技術を用いたsiTCR®遺伝子治療を開発しており、siTCR®ベクター技術が治療効果の向上につながると考えています。
 現在、滑膜肉腫を対象としたNY-ESO-1・siTCR®遺伝子治療の国内第T/U臨床試験を進めています。

遺伝子導入細胞の製造

2. CAR遺伝子治療

 CAR(キメラ抗原受容体)は、がん細胞を認識するT細胞表面の抗体部分と、T細胞受容体由来の細胞傷害性機能部分を人工的に結合して作製された受容体です。CAR遺伝子治療は、CAR遺伝子を導入したT細胞を患者に投与し、この遺伝子改変T細胞が、がん細胞を特異的に認識して攻撃する治療法です。
 国内で、成人急性リンパ芽球性白血病を対象としたCD19・CAR遺伝子治療の第T/U相臨床試験を進めています。

遺伝子医療を進める独自技術

 TCRやCARなどの遺伝子改変T細胞療法では、体外に患者のT細胞を取り出し、がんを攻撃する機能を高める治療用遺伝子を導入する工程があります。この工程では、遺伝子導入効率を高め、効率的に細胞を増殖する拡大培養が重要です。
 当社のレトロネクチン®技術は、この工程で広く利用されており、遺伝子治療薬を開発する多くの企業・研究機関にライセンスしています。




詳細は、遺伝子医療のページをご参照ください。

事業説明

▲このページのトップへ

本ウェブサイトでは、利便性およびサービスの向上のためクッキーを利用します。詳しく見る
サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いします。

同意して続行