IRポリシー

1.IR活動の目的と基本方針

当社は、株主や投資家の皆様に対して、適時、適正かつ公平な情報開示をおこなうことにより、信頼性をより高め、資本市場において適正な企業価値評価を得ることを目的としてIR(Investor Relations)活動を行っています。当社の業績や財務情報、経営戦略、事業内容に関わる情報等を正確にお伝えすることによって透明な経営を実現し、株主や投資家の皆様と中長期的な信頼関係を築いていくことを目指しています。

2.情報開示の内容および方法

情報開示に関しては、金融商品取引法等の関連法令や東京証券取引所が定める適時開示規則に則った情報開示を適時・適切に実施するとともに、投資判断に影響を与える重要情報については、全ての市場参加者が平等に入手できるよう努めます。開示する情報は、東京証券取引所が提供するTDnet(Timely Disclousure network:適時開示情報伝達システム)を通じて多数の報道機関に伝達され、それと同時に、同取引所ウェブサイト「適時開示情報閲覧サービス」に掲載され、公衆の縦覧に供されます。更にTDnetを通じて開示された情報は、迅速に当社のホームページ上でも当該情報を掲載いたします。また、適時開示情報以外のその他情報についても、必要に応じて当社ホームページに開示することや、記者クラブを通じ報道機関へ公表を行うこととしております。

3.将来の見通しについて

当社が開示する情報の中には、将来の見通しに関する記述が含まれていることがあります。当社の現在の計画、見通し、戦略、確信などのうち、歴史的事実でないものは、将来の業績に関する見通しであり、これらは現時点において入手可能な情報から得られた当社経営陣の判断に基づくものですが、重大なリスクや不確実性を含んでいる情報から得られた多くの仮定および考えに基づきなされたものであります。従いまして、これらの業績見通しのみに全面的に依拠することはお控えくださるようお願いします。

このウェブサイトに掲載されている、当社の現在の計画、見通し、戦略、確信などのうち、歴史的事実でないものは、将来の業績に関する見通しであり、これらは現時点において入手可能な情報から得られた当社経営陣の判断に基づくものですが、重大なリスクや不確実性を含んでいる情報から得られた多くの仮定および考えに基づきなされたものであります。従いまして、これらの業績見通しのみに全面的に依拠することはお控えくださるようお願いします。また、内容については細心の注意を払っておりますが、掲載された情報の誤りや、データのダウンロード等によって生じた障害等に関しまして、当社は一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。また、このウェブサイトは投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する決定は利用者ご自身の判断において行われるようお願いします。

▲このページのトップへ