2017年

2017/07/18

第23回日本遺伝子細胞治療学会学術集会にて研究成果を発表

 タカラバイオ株式会社は、腫瘍溶解性ウイルスHF10やsiTCR遺伝子治療、CAR遺伝子治療、ウイルスベクター、ゲノム編集などに関する研究成果を第23回日本遺伝子細胞治療学会学術集会(本年7月20日~22日、於・岡山コンベンションセンター)にて発表いたします。
 
 本学術集会で発表する演題の一覧は下記のとおりです。
 

演題名 (参考)日本語演題名 発表日時・演題番号
Clinical trials of NY-ESO-1 and MAGE-A4 targeting TCR-gene transduced T cell transfer to patients with refractory solid tumors 治療抵抗性固形腫瘍を対象としたNY-ESO-1及びMAGE-A4を標的にするTCR遺伝子導入T細胞輸注療法の臨床試験 7月20日 14:00~16:00
シンポジウム(1)
演題番号:S1-5

Clinical trial data using HF10, herpes oncolytic virus 腫瘍溶解性ヘルペスウイルスHF10の臨床試験データ 7月22日 13:00~15:00
シンポジウム(9)
演題番号:S9-4
Evaluation of manufacturing and quality control tests of T-cell receptor(TCR) gene modified cells derived from peripheral bloods of solid cancer patients in clinical trials 臨床試験における固形腫瘍患者血液由来のTCR遺伝子改変リンパ球製造と品質試験の解析 7月20日 16:10~16:50
一般口演
演題番号:OR-14
T cells expressing CAR harboring GITR signaling domain exhibit prolonged in vivo survival and resistance to immunosuppression that lead to efficient tumor eradication GITRシグナルドメインを有するCAR発現T細胞はin vivoの長い生存性と免疫抑制への抵抗性を示すことで効率的な腫瘍根絶を行う 7月20日 17:30~18:10
一般口演
演題番号:OR-20
Re-cutting is the major cause of the low efficiencies in single base mutation by genome-editing ゲノム編集による点変異導入には編集箇所の再切断を抑えることが重要である 7月21日 9:10~9:50
一般口演
演題番号:OR-27
Development of flow electroporation-based suspension-adapted HEK293 transfection system toward rAAV production in GMP 浮遊培養系を用いたAAVベクター製造 7月21日 9:50~10:30
一般口演
演題番号:OR-29
Production of AAV vectors in serum-free suspension culture system 浮遊培養系を用いた無血清条件下でのAAVベクター製造 7月21日 10:30~11:10
一般口演
演題番号:OR-32
Combination therapy of PD-L1 immune checkpoint inhibitor and oncolytic herpes simplex virus HF10 免疫チェックポイント阻害剤PD-L1抗体と腫瘍溶解性ヘルペスウイルスHF10の併用療法 7月21日 13:30~14:10
一般口演
演題番号:OR-38
Selective inhibition of HIV-1 replication and induction of cell death in latently infected cells by conditional expression of the E. coli-derived endonuclease MazF HIV潜伏感染細胞における大腸菌由来RNA分解酵素MazFの抗HIV効果 7月21日 17:40~18:10
ポスター発表
演題番号:PO-61
Efficient screening of genome-edited iPS cells using NGS ゲノム編集iPS細胞の次世代シーケンス解析を用いた効率的なスクリーニング 7月21日 17:40~18:10
ポスター発表
演題番号:PO-63
Purification of AAV vectors both from culture supernatant and inside of host cells AAVベクターの新規精製方法 7月21日 17:40~18:10
ポスター発表
演題番号:PO-66
Chromatography-based rAAV9 purification protocol with ultracentrifugation-free procedure 超遠心法を使用しないAAVベクター精製方法の開発 7月21日 17:40~18:10
ポスター発表
演題番号:PO-67
Combination therapy against human pancreatic cancer with oncolytic herpes virus HF10 and Abraxane ヒト膵臓癌に対する腫瘍溶解性ヘルペスウイルスHF10とアブラキサンの併用療法 7月21日 17:40~18:10
ポスター発表
演題番号:PO-73
Systemic therapeutic potential of oncolytic herpes simplex virus HF10 adsorbed on antigen-specific lymphocytes 腫瘍溶解性ヘルペスウイルスHF10吸着リンパ球の全身投与法の検討 7月21日 17:40~18:10
ポスター発表
演題番号:PO-74
Oncolytic HSV-1 Virus HF10 In Combination With Gemcitabine Enhanced Cytotoxic Activity Against Pancreatic Ducutal Adenocarcinoma Cell In Vitro ヒト膵臓癌に対する腫瘍溶解性ヘルペスウイルスHF10とGemcitabineの併用療法 7月21日 17:40~18:10
ポスター発表
演題番号:PO-77

 

この件に関するお問い合わせ先 : タカラバイオ株式会社 広報・IR部

Tel 077-565-6970

 

当資料取り扱い上の注意点

資料中の当社による現在の計画、見通し、戦略、確信などのうち、歴史的事実でないものは、将来の業績に関する見通しであり、これらは現時点において入手可能な情報から得られた当社経営陣の判断に基づくものですが、重大なリスクや不確実性を含んでいる情報から得られた多くの仮定および考えに基づきなされたものであります。実際の業績は、さまざまな要素によりこれら予測とは大きく異なる結果となり得ることをご承知おきください。実際の業績に影響を与える要素には、経済情勢、特に消費動向、為替レートの変動、法律・行政制度の変化、競合会社の価格・製品戦略による圧力、当社の既存製品および新製品の販売力の低下、生産中断、当社の知的所有権に対する侵害、急速な技術革新、重大な訴訟における不利な判決等がありますが、業績に影響を与える要素はこれらに限定されるものではありません。

 

▲このページのトップへ