2017年

2017/05/25

次世代シーケンサー向け超微量RNA解析試薬・キットの販売を開始

 タカラバイオ株式会社は、超微量RNAサンプルから次世代シーケンス解析を行うための研究用試薬「SMARTer Stranded Total RNA-Seq Kit v2 – Pico Input Mammalian」を、本日より日本国内で販売開始いたします。
 
 本製品は、独自技術であるSMART®技術を応用した製品で、250pg~10ngの超微量RNAサンプルから高精度な次世代シーケンス解析の前処理(ライブラリー作製)を行えます。また、解析のノイズとなる細胞内に大量に存在するリボゾームRNAを効率的に除去する独自の技術により、通常のRNAサンプルの他、分解の進んだ低品質RNAサンプルにもご使用いただけます。
 
 当社は微量サンプルからのシングルセル解析や次世代シーケンス解析などの製品・サービスの開発に注力しており、新製品や新サービスの提供を通じて、本分野でのさらなる事業拡大を目指します。
 
 

製品コード 製品名 容量 希望小売価格(税別)
634411 SMARTer Stranded Total RNA-Seq Kit v2 – Pico Input Mammalian 12回 198,000円
634412 SMARTer Stranded Total RNA-Seq Kit v2 – Pico Input Mammalian 48回 700,000円
634413 SMARTer Stranded Total RNA-Seq Kit v2 – Pico Input Mammalian 96回 930,000円
634414 SMARTer Stranded Total RNA-Seq Kit v2 – Pico Input Mammalian 192回 1,680,000円

本製品の詳細やご購入については、当社営業部 営業企画担当(TEL:077-565-6972)までお問い合わせください。
 

 

この件に関するお問い合わせ先 : タカラバイオ株式会社 広報・IR部

Tel 077-565-6970

 

当資料取り扱い上の注意点

資料中の当社による現在の計画、見通し、戦略、確信などのうち、歴史的事実でないものは、将来の業績に関する見通しであり、これらは現時点において入手可能な情報から得られた当社経営陣の判断に基づくものですが、重大なリスクや不確実性を含んでいる情報から得られた多くの仮定および考えに基づきなされたものであります。実際の業績は、さまざまな要素によりこれら予測とは大きく異なる結果となり得ることをご承知おきください。実際の業績に影響を与える要素には、経済情勢、特に消費動向、為替レートの変動、法律・行政制度の変化、競合会社の価格・製品戦略による圧力、当社の既存製品および新製品の販売力の低下、生産中断、当社の知的所有権に対する侵害、急速な技術革新、重大な訴訟における不利な判決等がありますが、業績に影響を与える要素はこれらに限定されるものではありません。
 
 

<参考資料>

【語句説明】

次世代シーケンサー

従来のサンガー法を基にしたシーケンスとは異なる原理に基づいた塩基配列解析法で、数百から数億個の塩基配列データを並列に大量取得する塩基配列解析方法です。次世代シーケンスにより、人の全遺伝子、全ゲノムの塩基配列解析が可能となりました。
 

ライブラリー

次世代シーケンサーでDNAの塩基配列を読むためには、DNAの両末端に特定塩基配列(アダプター)を付加する必要があります。このアダプターが付加されたDNAをライブラリーと呼び、次世代シーケンサー解析ではこのライブラリーの質が解析結果に大きく影響されるため、ライブラリー作製は非常に重要な工程です。
 

SMART®技術

Switching Mechanism at 5’ End of RNA Templateの頭文字を取ってSMART®と呼んでいます。PCRアダプター配列を直接付加して完全長cDNA合成できるため感度が良く、超微量の核酸サンプルからのライブラリー作製が可能です。
 

シングルセル解析

細胞集団の平均的な解析ではなく、1細胞レベルでゲノム配列やRNA配列解析を行うことです。シングルセル解析には、細胞を1つ1つ分離する技術と、1つの細胞に由来する極微量の遺伝子を解析できる超高感度遺伝子解析技術が要求されます。iPS細胞に代表される再生医療用細胞の品質評価や発がんメカニズムの解明等にシングルセル解析が用いられます。
 

リボゾームRNA

タンパク質合成に必須の因子であるリボゾームRNAは、次世代シーケンス解析で使用する全RNA中に大量に存在するため、このリボゾームRNAを除去しないでライブラリー作成を行った場合、有効な解析結果を効率的に取得することが困難です。
 
 

▲このページのトップへ