2017年

2017/02/15

インドにおける製品の品質向上に向けたISO9001認証取得について

 タカラバイオ株式会社の子会社であるタカラバイオDSSインド株式会社(インド・ニューデリー市。以下、DTI社)は、品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001の認証を本年1月23日付で取得いたしましたので、お知らせいたします。

 当社は、製品・サービスの開発・製造・販売を行う拠点において、確かな品質を提供できる体制のさらなる向上の取組みとして、遺伝子・細胞プロセッシングセンターを含む当社国内開発拠点(CDMセンター)及び、研究用試薬の製造を行う宝生物工程(大連)有限公司(中国・大連市)において、2015年にISO9001認証を取得し、製品・サービスの品質向上に努めてきました。

 今般、インド国内向けに研究用試薬の製造・販売を行うDTI社においてもISO9001認証を取得したことで、当社グループの研究用試薬製造拠点のすべてが国際規格に準拠した体制を構築したことになります。

 当社は、今後ともさらなる品質向上に取り組み、より良い製品・サービスの提供に努めてまいります。

【DTI社の認証登録内容】

適用規格 ISO9001 : 2008
登録組織 DSS Takara Bio India Pvt. Ltd.
登録範囲 分子生物学分野における研究用試薬の製造・販売
登録日 2017年1月23日
登録番号 IN17/05535
審査登録機関 SGS United Kingdom Ltd
この件に関するお問い合わせ先 : タカラバイオ株式会社 事業開発部 Tel 077-565-6970

 

当資料取り扱い上の注意点

資料中の当社による現在の計画、見通し、戦略、確信などのうち、歴史的事実でないものは、将来の業績に関する見通しであり、これらは現時点において入手可能な情報から得られた当社経営陣の判断に基づくものですが、重大なリスクや不確実性を含んでいる情報から得られた多くの仮定および考えに基づきなされたものであります。実際の業績は、さまざまな要素によりこれら予測とは大きく異なる結果となり得ることをご承知おきください。実際の業績に影響を与える要素には、経済情勢、特に消費動向、為替レートの変動、法律・行政制度の変化、競合会社の価格・製品戦略による圧力、当社の既存製品および新製品の販売力の低下、生産中断、当社の知的所有権に対する侵害、急速な技術革新、重大な訴訟における不利な判決等がありますが、業績に影響を与える要素はこれらに限定されるものではありません。

<参考資料>

【DTI社の概要】

会社名 DSS Takara Bio India Pvt. Ltd.
所在地 A-5 Mohan Co-operative Industrial Estate, Mathura Road, New Delhi-110044, India
登録範囲 分子生物学分野における研究用試薬の製造・販売
設立 2011年5月
従業員 50名
業務内容 研究用試薬の製造・販売

【語句説明】

ISO 9001

ISO(国際標準化機構)が定めた品質マネジメントシステムの国際規格で、製品やサービスの品質保証を通じて、顧客満足度向上と品質マネジメントシステムの継続的な改善を実現する規格です。

▲このページのトップへ