2017年

2017/01/23

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)とのiPS細胞研究に関する共同研究の開始について

タカラバイオ株式会社と京都大学iPS細胞研究所(所在地:京都市左京区、以下「CiRA」(サイラ))は、このたび、iPS細胞技術の臨床応用に向けた共同研究を開始しましたのでお知らせします。

 

iPS細胞技術は、創薬研究、細胞治療、薬物安全性評価などに応用できる可能性があります。iPS細胞技術のさらなる発展のためには、品質の保証されたiPS細胞を提供できる体制が不可欠です。そこでCiRAでは、2013年度から再生医療用iPS細胞ストックプロジェクトを推進しています。
今般、より品質の高いiPS細胞を継続的に製造することを目的として、細胞製造において実績のあるタカラバイオと協力し、CiRA附属細胞調製施設において、アカデミアにおけるGMP体制の整備ならびに新たな出荷試験項目の規格値等の策定を目指します。本提携は、iPS細胞技術の研究と臨床応用に大きく貢献するものと期待されています。

 

CiRAの山中伸弥所長は、「タカラバイオ株式会社と共同研究を実施することは、iPS細胞の製造・提供ひいてはiPS細胞技術を用いた医療応用を実現する上で大きな力になります。タカラバイオのご協力に心から感謝申し上げます。この提携を通して、iPS細胞を安定的に提供できる体制を整え、各研究所および医療機関での研究の進展に貢献してまいります」と述べています。

 

当資料取り扱い上の注意点

資料中の当社による現在の計画、見通し、戦略、確信などのうち、歴史的事実でないものは、将来の業績に関する見通しであり、これらは現時点において入手可能な情報から得られた当社経営陣の判断に基づくものですが、重大なリスクや不確実性を含んでいる情報から得られた多くの仮定および考えに基づきなされたものであります。実際の業績は、さまざまな要素によりこれら予測とは大きく異なる結果となり得ることをご承知おきください。実際の業績に影響を与える要素には、経済情勢、特に消費動向、為替レートの変動、法律・行政制度の変化、競合会社の価格・製品戦略による圧力、当社の既存製品および新製品の販売力の低下、生産中断、当社の知的所有権に対する侵害、急速な技術革新、重大な訴訟における不利な判決等がありますが、業績に影響を与える要素はこれらに限定されるものではありません。

 

<参考資料>

【京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の概要】

国立大学法人京都大学に、2010年4月1日に設立されました。世界初のiPS細胞に特化した先駆的な中核研究機関としての役割を果たすことなどを目的としています。現在、山中伸弥教授を所長として、約30の研究グループが基礎研究から前臨床、臨床応用に向けた研究、倫理的課題の研究に取り組み、iPS細胞を用いた再生医療や創薬の実現を目指しています。

詳細については、https://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/index.htmlをご覧ください。

 

【語句説明】

再生医療用iPS細胞ストックプロジェクト

CiRAが実施する、あらかじめ品質を保証したiPS細胞を製造し、研究・医療機関に提供するプロジェクトです。2017年度末までに、日本人の3〜5割程度をカバーできる再生医療用iPS細胞ストックの備蓄を目指しています。

▲このページのトップへ