2016年

2016/12/01

腫瘍溶解性ウイルスHF10の膵臓癌を対象とした臨床研究データを発表

 タカラバイオ株式会社は、名古屋大学・粕谷准教授らのグループと共同でおこなっていた腫瘍溶解性ウイルスHF10の膵臓癌を対象とした臨床研究の結果を、第2回癌ウイルス療法サミット(2016年12月7日~9日、米国・サンディエゴ)において発表します。
 

【概要】

学 会 第2回癌ウイルス療法サミット(The 2nd Annual Oncolytic Virotherapy Summit 2016)
日 時 2016年12月7日(現地時間)
演 題 Effectiveness Comparison of Different Routes of Administration of Oncolytic Virus in Abdominal Tumors
演 者 名古屋大学医学系研究科癌免疫治療研究室 室長 粕谷 英樹(准教授)
要 旨 ・開腹手術による膵臓癌への局所投与とEUS(超音波内視鏡)による局所投与により、膵臓癌患者を対象とした臨床研究を実施した。
・腫瘍溶解性ウイルスHF10は内臓癌に対しても有力な効果を示した。
・HF10単剤での臨床研究及び既存治療法との併用による臨床研究の事例を紹介する。

 
 現在、当社は、腫瘍溶解性ウイルスHF10のメラノーマを対象とした米国第Ⅱ相試験を実施しており、日本でも間もなく第Ⅱ相試験を開始します。また、膵臓癌を対象とした第Ⅰ相臨床試験を来年度から開始する予定としています。当社は、平成30年度の商業化を目標に、引き続き臨床開発を推進していきます。

 

この件に関するお問い合わせ先 : タカラバイオ株式会社 事業開発部

Tel 077-565-6970

 

当資料取り扱い上の注意点

資料中の当社による現在の計画、見通し、戦略、確信などのうち、歴史的事実でないものは、将来の業績に関する見通しであり、これらは現時点において入手可能な情報から得られた当社経営陣の判断に基づくものですが、重大なリスクや不確実性を含んでいる情報から得られた多くの仮定および考えに基づきなされたものであります。実際の業績は、さまざまな要素によりこれら予測とは大きく異なる結果となり得ることをご承知おきください。実際の業績に影響を与える要素には、経済情勢、特に消費動向、為替レートの変動、法律・行政制度の変化、競合会社の価格・製品戦略による圧力、当社の既存製品および新製品の販売力の低下、生産中断、当社の知的所有権に対する侵害、急速な技術革新、重大な訴訟における不利な判決等がありますが、業績に影響を与える要素はこれらに限定されるものではありません。

 

▲このページのトップへ