Canerpaturev (C-REV)

概要

 C-REV(旧称HF10)は、単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)の弱毒化株で、がん局所に注入することにより顕著な抗腫瘍作用を示します。このようなウイルスは「腫瘍溶解性ウイルス」と呼ばれています。腫瘍溶解性ウイルスは、正常細胞内でほとんど増殖しませんが、がん細胞内では高い増殖能を示し、がん細胞を特異的に殺傷します。多くの腫瘍溶解性ウイルスは遺伝子の組換えや外来遺伝子の挿入を行っていますが、C-REVは遺伝子工学的改変を一切行っていない自然変異型のウイルスのため、遺伝子組換え生物等の使用等に関する規制の対象となりません。

 タカラバイオは現在、日本及び米国においてC-REVの臨床開発を進めており、日本国内では悪性黒色腫(メラノーマ)を対象とした第U相臨床試験、膵がんを対象とした第I相臨床試験を実施しています。また、米国では悪性黒色腫(メラノーマ)を対象とした第U相臨床試験を実施し、C-REVの高い安全性と優れた有効性を示唆するデータを得ています。なお、本プロジェクトの日本での開発は、大塚製薬株式会社と共同で行います。

作用機序

 C-REVは、がん局所に投与することにより、以下の2段階の作用に効果を示します。

  1. 正常細胞に過度の損傷を与えることなく腫瘍組織内で選択的に増殖・拡散して腫瘍組織を破壊する直接的な抗腫瘍効果
  2. 腫瘍細胞の破壊に伴い誘導された細胞傷害性T細胞による全身的な抗腫瘍効果

 米国で実施した固形がんや悪性黒色腫(メラノーマ)を対象とした臨床試験では、実際に、一部の症例でC-REVを注入したがん細胞だけでなく、注入していないがんの縮小が観察されています。この腫瘍溶解性ウイルスを使用した治療法は、将来の免疫療法の一つとして近年急速に注目されるようになっています。C-REVは、局所投与でありながら、全身的な効果を示す全く新しいがん免疫療法の一つです。

関連情報
■文献
  • Eissa IR, Bustos-Villalobos I, Kodera Y, Kasuya H, et al. The Current Status and Future Prospects of Oncolytic Viruses in Clinical Trials against Melanoma, Glioma, Pancreatic, and Breast Cancers. Cancers 2018, 10, 356
  • Hirooka Y, Kasuya H, Kodera Y, Goto H, et al. A Phase I clinical trial of EUS-guided intratumoral injection of the oncolytic virus, HF10 for unresectable locally advanced pancreatic cancer. BMC Cancer 2018, 18, 596
  • Eissa IR, Kasuya H, et al. Genomic Signature of the Natural Oncolytic Herpes Simplex Virus HF10 and Its Therapeutic Role in Preclinical and Clinical Trials. Front Oncol. 2017, 7, 149
  • Hotta Y, Kasuya H, Kodera Y, et al. Curative effect of HF10 on liver and peritoneal metastasis mediated by host antitumor immunity. Oncolytic Virother. 2017, 6, 31-38.
  • Kasuya H, Goto H, Nishiyama Y, et al. Phase I dose-escalation clinical trial of HF10 oncolytic herpes virus in 17 Japanese patients with advanced cancer. Hepato-Gastroenterology. 2014, 61, 599-605
  • Tan G, Kasuya H, Kodera Y, et al. Combination therapy of oncolytic herpes simplex virus HF10 and bevacizumab against experimental model of human breast carcinoma xenograft. Int J Cancer. 2015, 136(7), 1718-1730.
  • Ishihara M, Seo N, Shiku H, et al. Systemic CD8+ T cell-mediated tumoricidal effects by intratumoral treatment of oncolytic herpes simplex virus with the agonistic monoclonal antibody for murine glucocorticoid-induced tumor necrosis factor receptor. PLoS One. 2014, Aug 8, 9(8), e104669.
  • Watanabe D, Goshima F, Nishiyama Y, et al. Oncolytic virotherapy for malignant melanoma with herpes simplex virus type 1 mutant HF10. J Dermatol Sci. 2008, 50(3), 185-196
  • Takakuwa H, Goshima F, Nishiyama Y, et al. Oncolytic viral therapy using a spontaneously generated herpes simplex virus type 1 variant for disseminated peritoneal tumor in immunocompetent mice. Arch Virol. 2003, 148, 813-825.
  • Jiang YM, Daikoku T, Nishiyama Y, et al. Growth and cytopathogenicity of herpes simplex virus in a macrophage cell line, RAW264: A good indicator of intraperitoneal pathogenicity. Microbiol Immunol. 1995, 39 (11), 905-909

■学会発表
学会 演題
ESMO(European Society for Medical Oncology) 2018 Congress
2018年10月19日〜23日
ドイツ・ミュンヘン
Topline Results from Phase II of Combination Treatment with Canerpaturev (HF10), an Oncolytic Viral Immunotherapy, and Ipilimumab in Patients with Unresectable or Metastatic Melanoma after Anti-PD-1 Therapy
第24回日本遺伝子細胞治療学会学術集会
2018年7月26日〜28日
東京
Clinical evaluation of a novel oncolytic viral immunotherapy agent, Canerpaturev (HF10)
第34回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会
2018年7月6日〜7日
静岡
悪性黒色腫に対する新規治療法「腫瘍溶解性ウイルス療法」
2018 ASCO(American Society of Clinical Oncology) Annual Meeting
2018年6月1日〜5日
米国・イリノイ(⇒発表資料はこちら
Efficacy and Genetic Analysis for a Phase II Multicenter Trial of HF10(Canerpaturev), a Replication-competent HSV-1 Oncolytic Immunotherapy, and Ipilimumab Combination Treatment in Patients with Stage IIIB-IV Unresectable or Metastatic Melanoma
Oncolytic Virotherapy Summit
2017年12月5日〜7日
米国・マイアミ
Development Strategy of HF10, a spontaneous mutant Herpes Simplex Virus
ESMO(European Society for Medical Oncology) Asia 2017 Congress
2017年11月17日〜19日
シンガポール・サンテック
Final Results of a Phase II Multicenter Trial of HF10, Oncolytic Virus immunotherapy, and Ipilimumab Combination Treatment in Patients with Stage IIIB-IV Unresectable or Metastatic Melanoma
Final Results of Phase I Trial of HF10, Oncolytic Virus Immunotherapy, in Japanese Patients with Refractory Superficial Cancers
第55回日本癌治療学会学術集会
2017年10月20日〜22日
横浜
Final Results of a Phase II Multicenter Trial of HF10, a Replication-competent HSV-1 Oncolytic Virus, and Ipilimumab Combination Treatment in Patients with Stage IIIB-IV Unresectable or Metastatic Melanoma
Phase I Trial of HF10, a Replication-competent HSV-1 oncolytic Immunotherapy, in Patients with Refractory Superficial Cancers
The Society for Melanoma Research
2017年10月18日〜21日
オーストラリア・ブリスベン
A Phase II Multicenter Trial of HF10, Oncolytic Virus Immunotherapy, and Ipilimumab Combination Treatment in Patients with Stage IIIB-IV Unresectable or Metastatic Melanoma
The 23rd International Pigment Cell Conference
2017年8月26日〜30日
米国・デンバー (⇒抄録はこちら
Final Results of a Phase II Multicenter Trial of HF10, Oncolytic Virus Immunotherapy, and Ipilimumab Combination Treatment in Patients with Stage IIIB-IV Melanoma
第15回日本臨床腫瘍学会学術集会
2017年7月27日〜29日
神戸 (⇒発表資料はこちら
Phase I Trial of Oncolytic Immunotherapy HF10 in Patients with Refractory Superficial Cancers
第23回日本遺伝子細胞治療学会学術集会
2017年7月20日〜22日
岡山
腫瘍溶解性ヘルペスウイルスHF10を用いた臨床研究成果について
第33回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会
2017年6月30日〜7月1日
秋田
単純ヘルペスウイルスを用いた腫瘍溶解性ウイルス療法 悪性黒色腫治療の新提案・腫瘍溶解性ウイルス療法
2017 ASCO(American Society of Clinical Oncology) Annual Meeting
2017年6月2日〜6日
米国・シカゴ (⇒発表資料はこちら
Final Results of a Phase II Multicenter Trial of HF10, a Replication-competent HSV-1 Oncolytic Virus, and Ipilimumab Combination Treatment in Patients with Stage IIIB-IV Unresectable or Metastatic Melanoma

(注)最近の発表を示しています。

▲このページのトップへ