遺伝子治療

当社は遺伝子治療の商業化を目指し、以下の遺伝子治療の臨床開発を推進しています。

遺伝子治療とは?

HF10プロジェクト

HF10作用メカニズム HF10は単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)の弱毒化株で、がん局所に注入することによって顕著な抗腫瘍作用を示します。このようなウイルスは「腫瘍溶解性ウイルス(oncolytic virus)」と呼ばれています。腫瘍溶解性ウイルスは、正常細胞内でほとんど増殖できないのに対して、がん細胞内では高い増殖能を示すためにがん細胞を特異的に殺傷します。多くの腫瘍溶解性ウイルスは遺伝子の組換えや外来遺伝子の挿入を行っていますが、HF10は遺伝子工学的改変を一切行っていない自然変異型のウイルスです。

単純ヘルペスウイルスは、大多数の人が成人するまでに感染する身近なウイルスです。名古屋大学の西山幸廣名誉教授が、単純ヘルペスウイルス変異株(HF10)を発見し、当社が商用化の権利を保有しています。名古屋大学医学部附属病院において、乳がん・頭頸部がん・膵がんを対象とした臨床研究が実施され、HF10の安全性と良好な抗腫瘍効果が報告されています。

当社は現在、米国においてメラノーマを対象とした第U相臨床試験を実施しています。また、国内では、メラノーマや扁平上皮癌などの固形癌を対象とした第T相臨床試験を実施しています。

○HF10の臨床試験情報(英文)はこちら
米国第U相臨床試験 A Study of Combination Treatment With HF10 and Ipilimumab in Patients With Unresectable or Metastatic Melanoma

国内第T相臨床試験 A Study of TBI-1401(HF10) in Patients With Solid Tumors With Superficial Lesions

siTCR遺伝子治療プロジェクト

T細胞受容体(TCR)遺伝子治療T細胞受容体(TCR)遺伝子治療とは、がんのテーラーメイド医療として注目を集めている新しい養子免疫療法の一つで、以下のような治療法です。まず、がん患者さんのリンパ球に、がん細胞に発現する腫瘍抗原を認識できるTCR遺伝子を導入します。この際に、高い効率で遺伝子導入することが重要となり、当社のレトロネクチン®が使用されます。遺伝子導入したリンパ球は大量に培養された後、そのがん患者さんに戻されます。このリンパ球は腫瘍抗原を認識するTCRがリンパ球上に発現していますので、そのTCRが腫瘍抗原を提示するがん細胞を認識して特異的に攻撃し、最終的にがん細胞を消滅させることが可能となります。

TCR遺伝子治療は、従来から研究が行われている腫瘍抗原ペプチドワクチンと比較すると、腫瘍抗原を提示するがん細胞を特異的に認識するリンパ球を体内で誘導する必要がなく、腫瘍抗原特異的な細胞傷害活性を有するリンパ球を体外で大量調製することが可能であり、また調製したリンパ球の投与量の設定が可能なことや患者さんの免疫機能を別の方法で制御可能である等、多くのメリットを有しています。

当社の独自技術、siTCRベクター技術を用いたTCR遺伝子治療をsiTCR遺伝子治療と呼んでいます。siTCRベクター技術は、内在性のTCRの関与を抑え、目的のTCRを発現するリンパ球をより多く得ることができる技術です。これにより、副作用のリスクの低減、有効性の向上につながると考えられます。

当社は、国内で、三重大学と共同でsiTCR遺伝子治療の臨床開発を進めています。現在、食道癌などの固形癌を対象にしたMAGE-A4・siTCR遺伝子治療の第T相臨床試験(医師主導治験)および滑膜肉腫などの固形癌を対象にしたNY-ESO-1・siTCR遺伝子治療(医師主導治験)が実施されています。MAGE-A4およびNY-ESO-1は主に癌細胞の表面に提示される癌抗原の1つです。MAGE-A4は食道癌、頭頸部癌、卵巣癌、メラノーマ等で、NY-ESO-1は滑膜肉腫、食道癌、卵巣癌、メラノーマ、多発性骨髄腫、頭頸部癌等で発現が確認されています。

○MAGE-A4・siTCR遺伝子治療の臨床試験情報(英文)はこちら
国内第T相臨床試験 Investigator Initiated Phase 1 Study of TBI-1201

○NY-ESO-1・siTCR遺伝子治療の臨床試験情報(英文)はこちら
国内第T相臨床試験 Investigator Initiated Phase 1 Study of TBI-1301

MazF遺伝子治療プロジェクト

MazF遺伝子治療メカニズム MazF遺伝子治療は、大腸菌由来のRNA分解酵素であるMazFを利用したエイズ(HIV感染症)に対する遺伝子治療法です。

エイズは、HIV(エイズウイルス)が免疫細胞の一種であるヘルパーT細胞に感染し、その細胞内で増殖することにより、ヘルパーT細胞並びに体全体の免疫機能の不全が起こる疾患です。HIVが感染したヘルパーT細胞では、HIV由来のTatタンパク質が初期発現することにより、HIVの複製が開始されますが、MazF遺伝子治療ではTatタンパク質によってMazFの発現が誘導されるように構築した発現ベクターをHIV感染患者のヘルパーT細胞などに遺伝子導入して患者に投与することにより、HIVの複製を阻止し、患者の免疫機能を維持させようとするものです。

当社は、米国ペンシルベニア大学・ドレクセル大学と共同で、米国においてHIV-1感染症を対象としたMazF遺伝子治療の第T相臨床試験を実施しています。第I相臨床試験では、被験者は6か月間にわたりMazF遺伝子が導入された自己のヘルパーT細胞の安全性、忍容性、免疫原性について評価します。本臨床試験に使用されるMazFレトロウイルスベクターは、当社草津事業所内の細胞・遺伝子治療センターでGMP製造(医薬品の製造管理、品質管理基準に準拠した製造)されました。当社が製造したベクターが、米国の治験で使用されるのはこれが初めてです。

○MazF遺伝子治療の臨床試験情報(英文)はこちら
米国第T相臨床試験 Redirected MazF-CD4 Autologous T Cells for HIV Gene Therapy

▲このページのトップへ