臨床開発状況

主要プロジェクトの開発状況

(注)表に掲載したプロジェクト以外にも、医師主導治験、臨床研究を進めています。

各プロジェクトの臨床試験情報
TBI-1401(HF10)
  • 「根治切除不能又は転移性悪性黒色腫患者(ステージIIIB、IIIC及びIV)を対象としたTBI-1401(HF10)とイピリムマブとの併用療法の第II相試験」(実施施設:国立がん研究センター中央病院等);2017年5月より実施中(JapicCTI-No.: JapicCTI-173591, NCT03153085)
  • 「A Phase II Study of Combination Treatment with HF10, a Replication-competent HSV-1 Oncolytic Virus, and Ipilimumab in Patients with Stage IIIB, Stage IIIC, or Stage IV Unresectable or Metastatic Melanoma」(実施施設:ハンツマン癌研究所等);2017年3月終了(NCT02272855)
  • 「Phase II Neoadjuvant trial of Nivolumab in Combination with HF10 Oncolytic Viral Therapy in Resectable Stage IIIB, IIIC, IVM1a Melanoma (Neo-NivoHF10)」医師主導治験(実施施設:ハンツマン癌研究所);開始準備中(NCT03259425)
  • 「治癒切除不能な膵癌患者を対象としたTBI-1401(HF10)の化学療法併用第I相試験」(実施施設:神奈川県立がんセンター等);2017年8月より実施中(JapicCTI-No.: JapicCTI-173671, NCT03252808)
TBI-1301
  • 「化学療法剤投与による前処置後のNY-ESO-1抗原特異的TCR遺伝子導入Tリンパ球輸注による滑膜肉腫を対象とした多施設共同第I/II相治験」(実施施設:国立病院機構大阪医療センター、三重大学、札幌医科大学等);2017年1月より実施中(JapicCTI-No.: JapicCTI- 173514, NCT03250325)
  • 「化学療法剤投与による前処置後のNY-ESO-1 抗原特異的TCR遺伝子導入T リンパ球輸注による固形癌を対象とした多施設共同臨床第T相医師主導治験」(実施施設:三重大学・愛知医科大学・慶應義塾大学・国立がん研究センター東病院・国立がん研究センター中央病院・国立病院機構名古屋医療センター);2015年2月より実施中(JapicCTI-No.: JapicCTI- 152896, NCT02366546)
  • 「Phase Ib Study of TBI-1301 (NY-ESO-1 Specific TCR Gene Transduced Autologous T Lymphocytes) in Patients with Solid Tumors」医師主導治験(実施施設:カナダ Princess Margaret Cancer Centre);2016年8月より実施中(NCT02869217)
TBI-1501
  • 「再発又は難治性のCD19陽性B細胞性急性リンパ芽球性白血病患者を対象としたTBI-1501の多施設共同第I/II相臨床試験」(実施施設:自治医科大学、東京大学医科学研究所、三重大学等);2017年1月より実施中(JapicCTI-No.: JapicCTI-173565, NCT03155191)
お問い合わせ先

各臨床試験に対するお問い合わせは下記メールアドレスまでお願いします。
メールアドレス:takara-clinical@takara-bio.co.jp

▲このページのトップへ