遺伝子による検査のススメ

生菌由来DNAの選択的検出(EMA PCR)


Viable Bacteria Selectionシステムによる生菌由来DNAの選択的検出(EMA-PCR法)

遺伝子検出では生菌だけでなく死菌由来DNAも併せて検出しますが、実際は生菌のみを検出する需要が非常に高いため、死菌由来DNAも検出してしまう点は、長年大きな課題として指摘されてきました。
本稿でご紹介する「EMA-PCR法」は、死菌由来DNAを修飾することでPCR増幅を抑制し、生菌由来DNAの選択的な検出を可能にしました。
本技術が様々な場面で活用され、迅速な微生物検出分野における可能性の幅が広がることが期待されます。

【応用が期待される場面の一例】
・製造ライン工程管理の迅速化に
・食品、水などの殺菌・消毒効果の迅速な検証に
・培養困難な微生物の検出に
・生きた腸内細菌の生存率の解析に
・培養タンクでの菌生存率の検証に
PCR/qPCRによる生菌由来DNAの選択的検出 新技術であるEMA-PCR法を用いた生菌由来DNAの選択的検出について、原理やグラム陰性菌用、グラム陽性菌用のViable Bacteria Selection Kit for PCRを使用した操作方法、解析結果について紹介します。
生菌由来DNAの選択的検出(EMA PCR)


生菌由来DNAの選択的検出(EMA PCR)

検証データ
「EMA-PCR による殺菌効果の確認」
日本防菌防黴学会第39回年次大会(2012.9.11-12;東京)

「EMA-qPCR法による食品からの生菌迅速検出」
第33回 日本食品微生物学会学術総会(2012.10.25-26;福岡)

「EMA-qPCR 法による乳酸菌等グラム陽性菌の生菌迅速検出」
第34回 日本食品微生物学会学術総会(2013.10.3-4;東京)

▲このページのトップへ