遺伝子による検査のススメ

遺伝子検査に役立つハンドブック


タカラバイオでは検査を行う上でお役立ちいただけるハンドブックをご用意しています。
ハンドブックではPCRの原理や基礎知識をはじめ、実際に製品を用いて検査を行う際に必要な実験器具、操作方法、解析方法について分かりやすくご紹介しています。是非ご活用ください。

<総論>

これからPCR/qPCRによる検査を立ち上げる方に最適なハンドブックです。
PCR実験の手引き
PCRの原理や基礎知識とともに、実際に実験を行う際のポイントについて紹介します。
リアルタイムPCRによる遺伝子迅速検出
リアルタイムPCRの原理や基礎知識とともに、リアルタイムPCRにより病原微生物や食品・環境・感染症関連の遺伝子検出を行った例をご紹介します。

<各論>

特定ターゲットの検査に最適なハンドブックです。
■レジオネラ属菌遺伝子検査法
生菌検出法(LC EMA-qPCR) 生菌検出法(EMA-qPCR) 生菌死菌検出法(qPCR) レジオネラ属菌の遺伝子検査法には、菌の生死に関わらず遺伝子を検出する方法(生菌死菌検出法)と、生菌由来の遺伝子のみを検出する方法(生菌検出法)の2種類があります。平成29年8月に改訂発行された「第4版レジオネラ症防止指針」(公益財団法人日本建築衛生管理教育センター)には、従来のqPCR法に加えて、迅速検査法のひとつとして「生菌のみを検出する遺伝子検査法」が収載され、LC EMA-qPCR法やEMA-qPCR法が紹介されています。それぞれの検出法について、前処理から検出・解析まで、実際に検査を立ち上げる際にお役立ちの情報を満載した冊子をご用意しています。

■クリプトスポリジウム・ジアルジア遺伝子検査
リアルタイムPCRによるクリプトスポリジウム、ジアルジア検出 Cycleave RT-PCR Cryptosporidium (18S rRNA) Detection Kitまたは、Cycleave RT-PCR Giardia (18S rRNA) Detection Kitを用いたクリプトスポリジウム、ジアルジアの検出について、厚生労働省通知法の内容を含め、前処理から検出・解析までをご紹介します。

<新技術>

新技術による遺伝子検出の応用検討を紹介します。
PCR/qPCRによる生菌由来DNAの選択的検出
新技術であるEMA-PCR法を用いた生菌由来DNAの選択的検出について、原理やグラム陰性菌用、グラム陽性菌用のViable Bacteria Selection Kit for PCRを使用した操作方法、解析結果について紹介します。

▲このページのトップへ