ごあいさつ

タカラバイオ株式会社は、前身である寳酒造株式会社(現・宝ホールディングス株式会社)のバイオ事業部門としてスタートしました。

当社は、「遺伝子医療などの革新的なバイオ技術の開発を通じて、人々の健康に貢献する」という企業理念のもと、基幹技術であるバイオテクノロジーを活用し、3つの事業を展開しています。世界中の大学・企業に研究用試薬や理化学機器、受託サービスなどを提供する「バイオ産業支援事業」を安定収益基盤とし、健康食品の開発・製造やキノコの製造・販売を行う「医食品バイオ事業」を第2の収益事業として育て、将来の成長事業である「遺伝子医療事業」では、がんやエイズの遺伝子治療の臨床開発及びその商業化を進め、さらなる成長を図ります。

また、再生医療を促進する政策を追い風に、幹細胞を用いた基礎研究や再生・細胞医療分野に向けた新製品開発を加速させるとともに、これまで遺伝子治療・細胞医療の研究開発で培った技術・ノウハウを活用し、遺伝子・細胞プロセッシングセンターを中核拠点としてバイオ医薬品や再生医療等製品などの開発・製造支援サービスであるCDMO(Contract Development and Manufacturing Organization)事業を拡大させます。

皆様におかれましては、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申しあげます。

代表取締役社長
仲尾 功一

▲このページのトップへ