沿革

1925年
(大正14)
寳酒造株式会社設立
1970年
(昭和45)
滋賀県大津市に中央研究所を竣工
ブナシメジの大量栽培に成功
1979年
(昭和54)
国産初の遺伝子工学研究用試薬「制限酵素」を発売
バイオ事業の開始
1988年
(昭和63)
PCR法による遺伝子増幅システムの国内独占販売権を獲得
1993年
(平成5)
全世界におけるPCR関連特許ライセンスを取得し、PCR製品の自社製造を開始
1993年
(平成5)
中国大連市にバイオ研究用試薬の製造を目的とする宝生物工程(大連)有限公司を設立
1995年
(平成7)
フランスパリ市にバイオ研究用試薬の販売を目的とするTakara Bio Europe.S.A.Sを設立
1995年
(平成7)
造血幹細胞への高効率遺伝子導入法「レトロネクチン法」を開発
1995年
(平成7)
韓国ソウル市にBohan Biomedical Inc.(現:Takara Korea Biomedical Inc.)を設立
1996年
(平成8)
LA-PCR法に関する特許を取得
1996年
(平成8)
コンブのU-フコイダンが、がん細胞のアポトーシスを誘導することを発見
「アポイダン-U」(現:フコイダンシリーズ)の販売開始
2000年
(平成12)
ドラゴン・ジェノミクス株式会社を設立
遺伝子解析サービスに本格参入
(※2002年/タカラバイオに吸収)
2001年
(平成13)
瑞穂農林株式会社を設立
2002年
(平成14)
寳酒造株式会社分社化
持株体制へ移行し、宝ホールディングス株式会社に商号変更
宝酒造株式会社、タカラバイオ株式会社設立
2002年
(平成14)
有限会社バイオファーミングセンターを設立
2004年
(平成16)
中国北京市に子会社 宝日医生物技術(北京)有限公司を設立
2004年
(平成16)
東京証券取引所マザーズに株式を上場
2005年
(平成17)
米国Clontech Laboratories,Inc.(現:TAKARA BIO USA社)の経営権を取得
2007年
(平成19)
沖縄県に子会社 株式会社きのこセンター金武を設立
2010年
(平成22)
「腫瘍溶解性ウイルスHF10」の治験を開始
2011年
(平成23)
インド ニューデリー市に子会社 DSS Takara Bio India Private Limitedを設立
2014年
(平成26)
スウェーデン ヨーテボリ市のCellectis ABの全株式を取得して子会社とし、 Takara Bio Europe ABに商号変更
2014年
(平成26)
滋賀県草津市に遺伝子・細胞プロセッシングセンター竣工
再生医療等製品や遺伝子治療薬の開発製造支援サービスを展開するCDMO事業を本格的に開始
2015年
(平成27)
滋賀県草津市に新本社社屋が完成し、本社機能を移転
2016年
(平成28)
東京証券取引所マザーズから同市場第一部へ市場変更
2016年
(平成28)
腫瘍溶解性ウイルスHF10 の日本国内における開発および販売に関する独占的ライセンス契約を、大塚製薬株式会社と締結
2017年
(平成29)
CAR遺伝子治療の国内第 I / II 相臨床試験治験計画届を提出
2017年
(平成29)
子会社のTakara Bio USA Holdings, Inc.が、Rubicon Genomics, Inc.の全株式を取得、その後Takara Bio USA Holdings, Inc.に合併
2017年
(平成29)
腫瘍溶解性ウイルスHF10の国内第U相臨床試験治験計画書を提出
2017年
(平成29)
子会社のTakara Bio USA Holdings, Inc.が、WaferGen Bio-systems, Inc.の全株式を取得、その後Takara Bio USA Holdings, Inc.に合併

▲このページのトップへ