透明性に関する取組

当社は、遺伝子治療や細胞医療といった先端医療技術の臨床開発やその実用化を目的とした活動を行っています。本活動において、常に高い倫理性と透明性を確保し、研究者、医療関係者、患者団体等との交流に対する説明責任を果たすことは重要であると考えております。日本製薬工業協会が定める「製薬協コード・オブ・プラクティス」、「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」、「企業活動と患者団体の関係の透明性ガイドライン」などの諸規範を参考に、当社は医療機関等との関係の透明性に関する指針及び患者団体との透明性に関する指針を以下の通り定め、当社遺伝子医療事業部門における活動に関して本指針に基づき情報を公開します。

タカラバイオと医療機関等の関係の透明性に関する指針
1. 目的

研究機関・医療機関等との関係の透明性を確保し、健全な産学連携活動の意義・貢献について、広く社会の理解を得るために、当社としての行動基準を示すことを目的とし、日本製薬工業協会で定める「製薬協企業行動憲章」、「製薬協コンプライアンス・プログラム・ガイドライン」、「製薬協コード・オブ・プラクティス」をはじめとする関係諸規範およびその精神を参考にして自主的に制定しました。

2. 公開方法

当社ウェブサイト等にて医療関係者等への資金提供について公開します。

3. 公開時期

公開対象となる資金提供について、年度決算終了後、夏頃を目途に公開します。

4. 公開対象
A. 研究費開発等

GCP省令等の公的規制のもとで実施されている臨床試験や新薬開発の治験及び製造販売後臨床試験、GPSP省令、GVP省令等の公的規制のもと実施される製造販売後調査、副作用・感染症症例報告等の費用について、以下の方法で公開します。
(1)共同研究費 (年間総額○○円)
(2)委託研究費 (年間総額○○円)
(3)臨床試験費 (年間総額○○円)
(4)製造販売後臨床試験費 (年間総額○○円)
(5)副作用・感染症症例報告費 (年間総額○○円)
(6)製造販売後調査費 (年間総額○○円)

B. 学術研究助成費

学術研究の振興や研究助成を目的として行われる奨学寄附金、一般寄附金、及び学会等の会合開催費用の支援としての学会寄附金、学会共催費について、以下の方法で公開します。
(1) 奨学寄附金 (年間の件数・総額:○○件○○円)
(2) 一般寄附金 (年間の件数・総額:○○件○○円)
(3) 学会寄附金 (年間の件数・総額:○○件○○円)
(4) 学会共催費 (年間の件数・総額:○○件○○円)

C. 原稿執筆料等

医学・薬学に関する情報等を提供するための講演や原稿執筆、コンサルティング業務の依頼に対する費用等について、以下の方法で公開します。
(1) 講師謝金 (年間の件数・総額:○○件○○円)
(2) 原稿執筆料・監修料 (年間の件数・総額:○○件○○円)
(3) コンサルティング等業務委託費 (年間の件数・総額:○○件○○円)

D. 情報提供関連費

医療関係者に対する医学・薬学に関する情報等を提供するための講演会、説明会等の費用について、以下の方法で公開します。
(1) 講演会費 (年間の件数・総額)
(2) 説明会費 (年間の件数・総額)
(3) 医学・薬学関連文献等提供費 (年間の総額)

E. その他の費用

社会儀礼としての接待等の費用について、以下の方法で公開します。
  接待費等費用 (年間の総額)

  • 2015年度 医療機関等への資金提供の情報はこちら
  • タカラバイオと患者団体の関係の透明性に関する指針
    1. 目的

    患者団体との関係の透明性を確保し、患者団体の活動や発展への貢献について、広く社会の理解を得るために、当社としての行動基準を示すことを目的とし、日本製薬工業協会で定める「製薬協企業行動憲章」、「製薬協コンプライアンス・プログラム・ガイドライン」、「製薬協コード・オブ・プラクティス」をはじめとする関係諸規範およびその精神を参考にして自主的に制定しました。

    2. 定義

    本指針において、以下に示す用語は、次の意味を有します。

    患者団体 患者・家族、その支援者が主体となって構成され、患者の声を代表し、患者・家族を支えあうとともに、療養環境の改善を目指し、原則として、定款・会則により定義された役割や目的を持つ患者会及び患者支援団体。但し、法人格の有無、設立形態は問わない。

    3. 公開方法

    インターネット上の当社ウェブサイト等にて患者団体への資金提供について公開します。

    4. 公開時期

    公開対象となる資金提供について、年度決算終了後夏頃を目途に公開します。

    5. 公開対象

    A. 直接的資金提供

    寄付金、会員・賛助会員費、協賛費、広告費等について、直接的資金提供を行った患者団体名及び費用項目ごとの金額を以下の方法で公開します。
    (1) 寄付金・協賛金 (年間の件数・総額:○○件○○円)
    (2) 会員・賛助会員費 (年間の件数・総額:○○件○○円)
    (3) 広告費 (年間の件数・総額:○○件○○円)

    B. 間接的資金提供

    患者団体支援を目的とした当社主催・共催の講演会、説明会、研修会等に伴う費用及び患者団体支援に関連して外部業者に委託した費用について、間接的資金提供を行った年間の件数及び総額を以下の方法で公開します。
    (1) 主催・共催の講演会、説明会、研修会等に伴う費用 (年間の件数・総額:○○件○○円)
    (2) 外部業者に業務等を委託した費用 (年間の件数・総額:○○件○○円)

    C. 当社からの依頼事項への謝礼等

    講師、原稿執筆・監修、調査、アドバイザー等の費用について、当社から依頼を行った年間の件数と総額を以下の方法で公開します。
    (1) 講師謝金 (年間の件数・総額:○○件○○円)
    (2) 原稿執筆料・監修料 (年間の件数・総額:○○件○○円)
    (3) その他の業務委託費 (年間の件数・総額:○○件○○円)

    D. その他

    便益、労務その他の提供があった場合の年間の件数を公開します。
      便益、労務その他の役務 (○○件)

  • 2015年度 患者団体への資金提供の情報はこちら
  • ▲このページのトップへ