株主還元・配当

(2017年9月30日現在)

配当方針

当社は、バイオ産業支援・遺伝子医療・医食品バイオの各事業における研究開発活動を積極的に実施していくため内部留保の充実に意を用いつつ、株主の皆様への利益還元についても重要な経営課題と位置づけ、経営成績および財政状態を総合的に勘案して利益還元を実施していくことを基本方針としています。具体的には、連結財務諸表における特別損益を加味せずに算出された想定当期純利益の20%程度を目途として利益配分を行う方針です。

配当推移

(円/株)

会計期 中間配当金 期末配当金 年間配当金
2018年3月期 - 4.0(予想) 4.0(予想)
2017年3月期 - 4.0 4.0
2016年3月期 - 1.8 1.8
2015年3月期 - 1.5 1.5
2014年3月期 - 1.2 1.2
2013年3月期 - 1.1 1.1
2012年3月期 - 1.0 1.0
自己株式の取得

現在まで自己株式取得の実績はありません。

単元株式数の変更

当社は、株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることを目的として、平成23年4月1日を効力発生日として、株式分割によって当社普通株式を1株につき400株の割合をもって分割しました。また、株式分割と同時に単元株制度を採用し、1単元の株式数を100株としました。これにより、実質的な投資単位は現在の4分の1になっています。 詳細については、2011年2月15日付ニュースリリースをご参照下さい。

このウェブサイトに掲載されている、当社の現在の計画、見通し、戦略、確信などのうち、歴史的事実でないものは、将来の業績に関する見通しであり、これらは現時点において入手可能な情報から得られた当社経営陣の判断に基づくものですが、重大なリスクや不確実性を含んでいる情報から得られた多くの仮定および考えに基づきなされたものであります。従いまして、これらの業績見通しのみに全面的に依拠することはお控えくださるようお願いします。また、内容については細心の注意を払っておりますが、掲載された情報の誤りや、データのダウンロード等によって生じた障害等に関しまして、当社は一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。また、このウェブサイトは投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する決定は利用者ご自身の判断において行われるようお願いします。

▲このページのトップへ