お知らせ

学会展示・セミナーのご案内(2009年度)

■学会展示のご案内

当社では、2009年度、以下の学会展示会への出展を行いました。

2009年

出展期間 学会大会/イベント名 開催地:会場
3/27 - 3/29 日本農芸化学会 2009年度大会 福岡:福岡国際会議場
6/2 - 6/4 第61回日本細胞生物学会大会 愛知:名古屋国際会議場
9/14 - 9/15 日本防菌防黴学会第36回年次大会 大阪:千里ライフサイエンスセンター
9/23 - 9/25 平成21年度日本生物工学会大会 愛知:名古屋大学 東山キャンパス
10/1 - 10/3 第68回日本癌学会学術総会 神奈川:パシフィコ横浜 展示ホール
10/7 - 10/9 BioJapan 2009 World Business Forum 神奈川:パシフィコ横浜 展示ホール
10/19 - 10/21 日本食品微生物学会30周年記念学術総会 東京:船堀タワーホール
10/22 - 10/24 第82回日本生化学会大会 兵庫:神戸国際展示場
12/9 - 12/12 第32回日本分子生物学会年会 神奈川:パシフィコ横浜 展示ホール

2010年

3/28 - 3/30 日本農芸化学会 2010年度大会 東京:東京大学 駒場キャンパス

■セミナーのご案内

●日本農芸化学会 2010年度大会 下記のランチョンセミナーを行いました。

演題:次世代型高速シーケンサーによるゲノム研究支援サービスのご紹介
演者:北川 正成(タカラバイオ株式会社 ドラゴンジェノミクスセンター長)

日 時:2010年3月30日(火)12:30〜13:20
場 所:11AE会場(東京大学 駒場キャンパス11号館2階1108)

詳しくはこちらをご覧下さい。

●第32回日本分子生物学会年会 下記のランチョンセミナーを行いました。

テーマ:生命現象解明への新たな展開−エピジェネティクス
演題1:DNAメチル化異常と突然変異のコントラスト
演者1:牛島 俊和 先生(国立がんセンター研究所 発がん研究部 部長)

演題2:タカラバイオのエピジェネティクス研究関連製品のご紹介
演者2:吉崎 美和(タカラバイオ株式会社 製品開発センター)

座長:向井 博之(タカラバイオ株式会社 製品開発センター長)

日 時:2009年12月10日(木)12:00〜13:00
場 所:第13会場(パシフィコ横浜 会議センター5階501)

詳しくはこちらをご覧下さい。

●第82回日本生化学会大会 下記のランチョンセミナーを行いました。

テーマ:Precise Protein Regulation and Efficient Non-Viral Transfection
演題1:機能研究のキーテクノロジーとなる細胞内タンパク質 "量" 制御技術の応用例
演題2:生分解性ナノ粒子による高効率トランスフェクション試薬のご紹介
演者:Suvarna Gandlur, Ph.D.(Clontech Laboratories, Inc.)
座長:向井 博之(タカラバイオ株式会社 製品開発センター長)

日 時:2009年10月22日(木)12:15〜13:15
場 所:神戸国際会議場3階 国際会議室

●日本食品微生物学会30周年記念学術総会 下記のランチョンセミナーを行いました。

演題:食品や衛生管理における遺伝子迅速検出 −リアルタイムPCRの新展開−
演者:江ア 孝行 先生(岐阜大学大学院医学系研究科 病原体制御学分野 教授)

日 時:2009年10月21日(水)12:00〜13:00
場 所:E会場(タワーホール船堀 2階イベントホール)

●第68回日本癌学会学術総会(JCA) 下記のランチョンセミナーを行いました。

Title: Recent progress in clinical development of ex vivo gene therapy
Speaker: Dr. Maria Teresa Lupo Stanghellini (San Raffaele Scientific Institute, Milan, Italy)
      Dr. Hiroshi Shiku (Dept. of Immuno-Gene Therapy, Mie Univ. Grad. Sch. of Med.)
Chair: Dr. Yuji Heike (Dept. of Clinical Trial Coordination and Developmental Therapeutics, National Cancer Center Hospital)
Date: October 1 Thursday, 2009
Time: 12:00-12:45
Place: Meeting Room 302 in PACIFICO YOKOHAMA Congress Center (3F)
Seminar Number: Luncheon Seminar 2

演題:体外遺伝子治療の臨床開発の最前線
演者: Dr. Maria Teresa Lupo Stanghellini(イタリア・サンラファエロ科学研究所)
    珠玖 洋 先生(三重大学大学院医学系研究科 遺伝子・免疫細胞治療学 教授)
座長:平家 勇司 先生(国立がんセンター中央病院 臨床試験・治療開発部 医長)

日 時:2009年10月1日(木) 12:00〜12:45
場 所:C会場(パシフィコ横浜 会議センター3階302)
セミナー番号:LS2

●第15回日本遺伝子治療学会学術集会(JSGT)において 下記のランチョンセミナーを行いました。

演題:米国での遺伝子組換え人工抗原提示細胞の開発とそれを用いた養子免疫細胞療法の臨床試験
演者:平野直人先生(ハーバード大学医学部、ダナファーバー癌研究所)
座長:竹迫一任(タカラバイオ株式会社 臨床開発部長)

日 時:7月11日(土)12:00〜13:00
場 所:大阪大学 コンベンションセンター

詳しくはこちらをご覧下さい。

●第12回マリンバイオテクノロジー学会大会において 下記のランチョンセミナーを行いました。

演題:ゲノム研究における次世代型高速シーケンサーの威力
演者:鈴木健介(タカラバイオ株式会社 ドラゴンジェノミクスセンター)

日 時:5月31日(日)12:00〜13:00
場 所:早稲田大学 大久保キャンパス63号館2階 第2教室

詳しくはこちらをご覧下さい。

●日本農芸化学会2009年度大会ランチョンセミナー 下記のランチョンセミナーを行いました。

演題1:Matchmaker™ Gold システムと関連製品のご紹介
     ―新規レポーターシステムによる偽陽性の低減―
演者1:小林英二(タカラバイオ株式会社 製品開発センター 主任研究員)

演題2:ゲノム研究における次世代型高速シーケンサーの威力
演者2:北川正成(タカラバイオ株式会社 ドラゴンジェノミクスセンター 副センター長)

日 時:3月29日(日)11:50〜12:40
場 所:F会場 (福岡国際会議場411+412)
セミナー番号:LS-14

詳しくはこちらをご覧下さい。

▲このページのトップへ