お知らせ

学会展示・セミナーのご案内(2008年度)

■学会展示のご案内

当社では、2008年度、以下の学会展示会への出展を行いました。

2008年

3/27 - 3/28 日本農芸化学会 2008年度大会 愛知:名城大学 天白キャンパス体育館
4/1 日本農薬学会第33回大会 奈良:近畿大学農学部
6/10 - 6/12 第8回日本蛋白質科学会年会 東京:船堀タワーホール
6/12 - 6/14 第14回日本遺伝子治療学会総会(JSGT) 北海道:札幌医科大学
6/29 - 7/1 第60回日本細胞生物学会大会(JSCB) 神奈川:パシフィコ横浜
7/6 - 7/9 第35回BMSコンファレンス 福島:裏磐梯ロイヤルホテル
7/14 - 7/15 日本乳酸菌学会2008年度大会 京都:京都大学 百周年時計台記念館国際交流ホール
9/11 - 9/12 日本防菌防黴学会第35回年次大会 静岡:アクトシティ浜松
10/15 - 10/17 BioJapan2008 World Business Forum 神奈川:パシフィコ横浜
10/28 - 10/30 第67回日本癌学会学術総会(JCA) 愛知:名古屋国際会議場
10/30 - 11/1 第46回日本癌治療学会総会(JSCO) 愛知:名古屋国際会議場
11/7 - 11/8 リーディング産業展みえ2008 三重:四日市ドーム
11/12 - 11/13 第29回日本食品微生物学会学術総会 広島:広島国際会議場
12/1 - 12/3 第38回日本免疫学会総会・学術集会 京都:国立京都国際会館 イベントホール
12/9 - 12/12 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会
合同大会(JMBMB2008)
兵庫:神戸国際展示場、ポートピアホテル

2009年

3/5 - 3/6 第8回日本再生医療学会総会 東京:東京国際フォーラム
3/5 - 3/7 日本ゲノム微生物学会第3回年会 東京:中央大学理工学部生命科
3/27 - 3/29 日本農芸化学会 2009年度大会 福岡:福岡国際会議場

■セミナーのご案内

●日本農芸化学会2009年度大会ランチョンセミナー 下記のランチョンセミナーを行いました。

演題1:Matchmaker™ Gold システムと関連製品のご紹介
     ―新規レポーターシステムによる偽陽性の低減―
演者1:小林英二(タカラバイオ株式会社 製品開発センター 主任研究員)

演題2:ゲノム研究における次世代型高速シーケンサーの威力
演者2:北川正成(タカラバイオ株式会社 ドラゴンジェノミクスセンター 副センター長)

日 時 :3月29日(日)11:50〜12:40
場 所 :F会場 (福岡国際会議場411+412)
セミナー番号:LS-14

詳しくはこちらをご覧下さい。

●第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会(JMBMB2008)下記のランチョンセミナーを行いました。

テーマ:オミックス研究支援ツールのご紹介
座長:日野 文嗣 (タカラバイオ株式会社 営業部)

演題1:リアルタイムPCRの新標準 ― SYBR® Green Assay徹底活用術
     〜 新製品でSYBR® Green Assayの限界を打破する 〜
演者1:吉崎 美和 (タカラバイオ株式会社 製品開発センター)

演題2:新製品In-Fusion™ Advantage ― 迅速、自由自在なベクター構築のススメ
演者2:伊豆 博幸(タカラバイオ株式会社 営業部)

演題3:次世代型高速シーケンス解析技術が変えるオミックス研究の展開
演者3:北川 正成(タカラバイオ株式会社 ドラゴンジェノミクスセンター)

日 時 :12月9日(火) 12:00〜13:00
場 所 :第11会場(神戸ポートピアホテル 本館B1F 偕楽1)

詳しくはこちらをご覧下さい。

●第22回日本エイズ学会学術集会 下記のランチョンセミナーを行いました。

テーマ: エイズ遺伝子治療法の開発
座長 : 馬場 昌範 (鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 教授)

演題1: mRNA分解酵素 MazF を用いた遺伝子治療法開発
演者1: 蝶野 英人 (タカラバイオ株式会社 細胞・遺伝子治療センター 主任研究員)

演題2: HIV感染症治療への応用
演者2: 岡本 実佳 (鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 講師)

日 時 :2008年11月27日(木)12:00〜12:50
場 所 :第4会場(大阪国際交流センター2階小ホール)
セミナー番号:LS7

●第29回日本食品微生物学会学術総会 下記のランチョンセミナーを行いました。

演題:腸炎ビブリオ食中毒の変遷と遺伝子検査法の役割
演者:静岡県環境衛生科学研究所 微生物部 杉山寛治先生

日 時 :2008年11月13日(木) 12:00〜12:50
場 所 :C会場(広島国際会議場 地下2階大会議室 ダリア)
セミナー番号:ランチョンセミナー5

詳しくはこちらをご覧下さい。

●第67回日本癌学会学術総会(JCA) 下記のランチョンセミナーを行いました。

Title: Gene Therapy for cancer and AIDS
Speaker: Ikunoshin Kato, Ph.D. (Director of Biotechnology Research Laboratories, CEO, Takara Bio Inc.)
      Junichi Mineno, Ph.D. (Senior Scientist/Quality Manager, Center for Cell and Gene Therapy, Takara Bio Inc.)
Chair person: Dr. Hiroshi Shiku (Dept. of Immuno-gene Therapy, Mie Univ. Grad. Sch. of Med., Japan)
Date: October 29 Wednesday, 2008
Time: 12:00-12:45
Place: Reception Hall in Nagoya Congress Center, Bldg 1 (4F)
Seminar No.: Luncheon Seminar 15

Please see here in detail.

演題:がんとエイズの遺伝子治療
演者:加藤 郁之進(タカラバイオ株式会社 代表取締役社長 バイオ研究所長)
    峰野 純一(タカラバイオ株式会社 細胞・遺伝子治療センター長)
座長:珠玖 洋(三重大学大学院医学系研究科 遺伝子・免疫細胞治療学 教授)

日 時 :2008年10月29日(水) 12:00〜12:45
場 所 :第3会場(名古屋国際会議場 1号館 4Fレセプションホール東)
セミナー番号:LS15

詳しくはこちらをご覧下さい。

●BioJapan2008 World Business Forum 下記の出展社セミナーを行いました。

セッション名:HIVの根絶を目指す、リボ核酸分解酵素を用いたエイズ遺伝子治療法
モデレータ:日経BP社主任編集委員 宮田 満
スピーカー:タカラバイオ株式会社 社長 兼 バイオ研究所長 加藤 郁之進
        鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 教授  馬場 昌範
日 時 :2008年10月17日(金) 13:30〜14:30
場 所 :パシフィコ横浜 会議センター3階301室
セミナー番号:C-10
入場はBioJapan2008ウェブサイト
http://expo.nikkeibp.co.jp/biojapan/seminar/index.html)にて事前登録受付制です。

●第60回日本細胞生物学会 下記のランチョンセミナーを行いました。

演題:クロンテック社の新技術 ProteoTuner™ System
― post-translationalなタンパク質量のコントロール技術 ―
司会:日野 文嗣 (タカラバイオ株式会社 営業部長)
演者:伊豆 博幸(タカラバイオ株式会社 営業部)

日 時 :2008年7月1日(火) 12:00〜13:00
場 所 :パシフィコ横浜 会議センター3階C会場(301)
セミナー番号:ランチョンセミナー6
詳しくはこちらをご覧下さい。

●第14回日本遺伝子治療学会総会 下記のランチョンセミナーを行いました。

演題:Introduction of Gene Therapy tools for the acceleration of your research and development.
演者:峰野 純一(タカラバイオ株式会社 細胞・遺伝子治療センター長)

日 時 :2008年6月12日(木) 12:00〜13:00
場 所 :札幌医科大学
詳しくはこちらをご覧下さい。

●日本農薬学会第33回大会 下記のランチョンセミナーを行いました。

演題:SYBR Green AssayによるリアルタイムPCR 〜多検体の遺伝子発現解析を快適に〜
演者:吉崎 美和(タカラバイオ株式会社 製品開発センター)

日 時 :2008年4月1日(火) 12:10〜13:20
場 所 :近畿大学農学部(D会場、201教室)
詳しくはこちらをご覧下さい。

●日本農芸化学会2008年度大会 下記のランチョンセミナーを行いました。

演題1:目的に応じたPCR酵素の選択と応用〜正確性・迅速性・鋳型許容性(GC含量、リピート配列等) 〜
演者1:上森 隆司 (タカラバイオ株式会社 製品開発センター主幹研究員)
演題2:クロンテック社の新技術ProteoTuner System〜post-translationalなタンパク質量のコントロール技術〜
演者2:伊豆 博幸 (タカラバイオ株式会社 営業部企画課長)

日 時 :2008年3月28日(金) 12:30〜13:20
場 所 :名城大学 天白キャンパス A21会場(N321教室)
セミナー番号: LS-8
詳しくはこちらをご覧下さい。

▲このページのトップへ