幹細胞研究ガイド


******************************************************
◆ 多能性幹細胞(iPS/ES細胞)の樹立と細胞加工
◆ ヒトiPS細胞由来分化細胞の作製
◆ カスタム培地の製造
******************************************************
◆ 多能性幹細胞(iPS/ES細胞)の樹立と細胞加工

疾患研究や再生医療研究など幅広い目的に利用可能なiPS/ES細胞の樹立サービスを、ドナーソーシングの段階からご提供します。

ドナーソーシング
提携の医療機関を通じ、Takara Bio Europe AB社*1(TBE-AB社)にてご希望の病歴や遺伝的背景などに合致した検体を取得
多能性幹細胞樹立
TBE-AB社にてドナーソーシングにより取得した検体、あるいは、お客様よりご提供いただいた検体からの多能性細胞を樹立
⇒ 樹立した多能性細胞のマスターセルバンク(MCB)を作製
細胞加工
多能性幹細胞のゲノム編集細胞、分化細胞の作製
品質試験・特性解析
細胞・原材料の安全性、残留不純物、細胞純度などの品質試験の実施
遺伝子発現、ゲノム、メチル化、miRNAなどの細胞特性解析の実施
*1 Takara Bio Europe AB社
Takara Bio Europe AB(スウェーデン・ヨーテボリ市)は、臨床用ヒトES細胞の細胞加工施設を有し、米国食品医薬品局(Food and Drug Administration: FDA)ガイドラインに準拠して取得されたドナー組織より、GMP基準に準拠した施設でヒトES細胞を調製し、再生医療開発機関向けに提供しています。
実験室写真


【 検体取得の流れ 】
1.倫理審査の実施
検体採取国の法令に遵守した倫理審査を実施のうえ、組織提供に関する同意書の作成
2.検体提供者の募集
医療機関との提携による検体提供者の募集と同意書の取得
3.検体提供者の選別
ご希望の要件に合致する検体提供者を、
  • 健康状態
  • 病歴
  • ウィルス感染の有無によりスクリーニング
4.検体採取
提携の医療機関により検体を採取・凍結保存後、TBE-AB社へ輸送
◆ ヒトiPS細胞由来分化細胞の作製

ヒトiPS細胞由来肝細胞、心筋細胞、血管内皮細胞、膵β細胞、ミクログリアなどの分化細胞作製サービスを提供します。

<サービス内容の例>

  • お手持ちの多能性幹細胞や弊社サービスにより樹立した多能性細胞から誘導した分化細胞を作製
  • 弊社プロトコールによる分化誘導(膵β、肝、心筋、血管内皮細胞、ミクログリアへの分化誘導)の他、ご指定のプロトコールに従って分化細胞を作製
  • 分化細胞(凍結細胞)での納品の他、細胞ライセートや分化途中段階の細胞を凍結サンプルとして納品も対応

心筋細胞
血管内皮細胞
膵β細胞
肝細胞

ヒトiPS細胞由来分化細胞(カタログ製品)
【 分化誘導のフロー例 】
 弊社プロトコールにて肝細胞へ分化誘導した場合
<受け入れサンプル>
お手持ちのhiPS細胞
疾患iPS細胞
Cellartis iPS細胞株 など
肝分化途中段階の
細胞を凍結サンプ
ル等で納品
分化済み肝細胞
を凍結バイアル
で納品
◆ カスタム培地の製造

基礎研究用から再生医療研究用の培地まで、お客様のレシピにて製造した培地をご提供します。
また、ヒトiPS/ES細胞用培地、リンパ球培地などのカタログ製品のカスタマイズ(培地組成の改変など)にもご相談に応じて対応いたします。

<カタログ製品の例>
ヒトiPS/ES細胞培地
間葉系幹細胞
用培地
リンパ球用培地・バッグ
初代肝細胞
維持培地
Cellartis MSC Xeno-free Culture Medium
製品の詳細はこちら
GT-T551 Culture Medium
CaltiLife シリーズバッグ
製品の詳細はこちら
Cellartis Power Primary HEP Medium
製品の詳細はこちら
再生医療用培地の供給への対応
 
タカラバイオでは、大規模GMP/GCTP対応施設CGCP(Center for Gene and Cell Processing)を国内に保有し、GMPグレード培地製品Cellartis DEF-CS 500 Xeno-Free GMP Grade Basal Medium(写真左)を全世界に供給しています。

Xeno-Free培地とは・・・
Xeno-Free培地とは動物由来成分を含まない培地のことであり、培地中のタンパク成分がヒトリコンビナントもしくはネイテイブタンパク質で構成されています。培養細胞や組織を臨床応用する際に、ウシ血清などを用いて培養された細胞はウシ疾患の感染のリスクなどがあり、安全性の面で問題があるため、再生医療研究においては、こうしたリスクを回避するために、無血清、動物由来成分を含まない培地を使用することが潮流となりつつあります。

お問い合わせ

お客様のご要望に応じて、バルク酵素やカスタムキット製造(OEM)に、柔軟に対応させていただきます。

お問い合わせはこちら

▲このページのトップへ