幹細胞研究ガイド

リンパ球培養関連製品

リンパ球の拡大培養や遺伝子導入などにご利用いただける製品を掲載しています。特に、リンパ球への遺伝子導入時の補助剤として世界標準で使われているRetroNectinをはじめとして、CAR(キメラ抗原受容体)遺伝子治療やTCR(T細胞受容体)遺伝子治療にも有効にご使用いただける、実績ある製品をご用意しております。
ここでは遺伝子改変Tリンパ球療法のフローにおいて、その各ステージで最適な製品をご紹介します。

製品写真製品名主な用途
CELLOTION・末梢血単核球(PBMC)分離・洗浄
・細胞の洗浄・回収
Anti-CD3 mAb GMP grade細胞刺激
RetroNectin GMP grade・細胞刺激
・遺伝子導入の促進
・GT-T610 (CultiLife Eva) Culture bag
・CultiLife 215 Culture bag
・Partition Clip for CultiLife 215
培養用容器・バッグ
GT-T551 Culture mediumリンパ球培養用培地
STEM-CELLBANKER GMP grade細胞凍結保存剤

リンパ球培養のそれぞれのステージに最適な試薬・製品が揃っています。



PBMC分離・洗浄

細胞洗浄・回収液

■細胞洗浄・回収液

CELLOTION
  • ケミカリーディファインドな細胞洗浄・回収液
  • 遠心・洗浄時の細胞の損失を防止
  • 糖類、タンパク質および血清成分不含

PBSやRPMIなど細胞洗浄液の代用としてご使用下さい

全血からの末梢血単核球(PBMC)分離例

血液からリンパ球や単球を分離採取する試薬とCELLOTIONを併用して、血液からの末梢血単核球分離操作を行った結果、PBS使用時の1.3倍の細胞が回収でき(パネルA)、CD3、CD4、CD8、CD14、CD15、CD19抗原陽性細胞の回収率も増加した(パネルB)。
特にCD14陽性細胞(単球)で高い回収率の向上()が認められた。単球は白血球の中でも接着性の高い細胞であることから、通常の回収方法では回収ロスが多く、CELLOTIONを使用することで顕著に回収率が向上したと考えられる。
【A】 血液3 mlからの回収細胞数
【B】 血液3 mlからの免疫表現型の回収細胞数


細胞刺激剤
■抗CD3モノクローナル抗体

Anti-CD3 mAb GMP grade
  • T細胞刺激用抗体OKT3クローン(Isotype: mouse IgG2a)抗体
  • GMPに準拠した製造・品質管理
  • 動物由来成分不含
  • RetroNectinと共刺激することによりTリンパ球(T細胞)を効率よく拡大培養することが可能
RetroNectin共刺激によるTリンパ球拡大培養
ヒト末梢血単核球(PBMC)を固定化Anti-CD3 mAbとRetroNectin(RN)の共刺激下で4日間培養後、リンパ球培養用培地で適宜希釈しながら、さらに10日間培養を行った。
RetroNectinの使用により、細胞増殖率の向上およびナイーブT細胞比率(CD45RA+CCR7+陽性細胞比率)の上昇がみられた。

donor A    donor B


細胞刺激剤

遺伝子導入促進剤

■ RetroNectin(リコンビナントヒトフィブロネクチンCH-296)

RetroNectin® GMP grade
  • RetroNectinを用いた培養によりT細胞の培養効率が増大し、得られるT細胞集団中にナイーブT細胞()が多く含まれる
    ナイーブT細胞は未分化な細胞で、抗原提示を受けて細胞傷害性T細胞に分化する能力を持つ
  • レトロウイルスベクターやレンチウイルスベクターによる哺乳類細胞への遺伝子導入効率を向上
  • GMPに準拠した製造・品質管理
  • 動物由来成分不含
RetroNectin GMP gradeは、CH-296 with Carbonateとして米国FDAのドラッグマスターファイルに登録準備中です。
RetroNectinを用いたリンパ球拡大培養を研究目的以外で実施する場合には、個別に当社とのライセンス契約の締結が必要です。



培養用容器・バッグ

■細胞培養用ガス透過性バッグ

 
GT-T610 (CultiLife Eva) Culture bag
CultiLife 215 Culture bag
Partition Clip for CultiLife 215
  • フラスコよりも高い細胞増殖率を実現
  • 閉鎖系培養を可能にし、コンタミネーション及び培養作業者の感染リスクを低減
  • 各種連結ポートにより、容易に液輸送が可能
  • 透明性に優れた素材で、容易に顕微鏡観察が可能


リンパ球培養用培地

■ リンパ球培養用培地


ボトル包装品

バッグ包装品
GT-T551 Culture medium
  • リンパ球の増殖倍率が良好。ヒトTリンパ球の拡大培養はもちろんのこと、
    レトロウイルスベクターを用いたTリンパ球への遺伝子導入にも最適な培地(IL-2不含)
  • ヒト血清アルブミン(医薬品グレード)および組換え型ヒトインスリン以外のタンパク質は不含
  • ボトル包装品、バッグ包装品の2種類のタイプがあり、目的に応じた使い分けが可能
  • エンドトキシン検査(0.3 EU/ml以下)、マイコプラズマ検査、無菌試験済み


細胞凍結保存剤

■幹細胞凍結保存液

STEM-CELLBANKER GMP grade
  • GMPに準拠した製造管理及び品質管理を実施
  • 幹細胞・iPS細胞用細胞保存液
  • 既知成分により合成された無血清タイプ
  • 動物由来の成分を含まない
  • DNA、RNAを損傷せず、組織の凍結保存が可能
STEM-CELLBANKER GMP gradeは、STEM-CELLBANKERとして原薬等登録原簿(マスターファイル)に登録されています。

▲このページのトップへ