お知らせ

腫瘍遺伝子のクリニカルシーケンスで米国病理学会の臨床検査室認定(CAP-LAP認定)取得(2016/09/26)

タカラバイオ バイオメディカルセンターでは、基礎研究支援で培ってきた次世代シーケンサーやマイクロアレイなどの遺伝子解析技術を応用し、先端的な遺伝子検査サービスをご提供しています。
腫瘍遺伝子解析では、日米の大規模臨床研究でも採用実績のあるOncomine Cancer Research Panelを導入し、高精度のクリニカルシーケンスをご提供していますが、このたび、臨床検査ラボの品質管理において世界基準の一つとなっているCAP※1(米国病理学会:College of American Pathologists)によるLAP※2(臨床検査室認定プログラム:Laboratory Accreditation Program)の認定を取得しました。

CAP Accreditation Mark

今後とも、適切な品質管理体制でサービス提供するための環境作りに取り組み、創薬開発や臨床研究を強力にバックアップしていきます。

解析サービスの案内ページは→こちら
関連ニュースリリースは→こちら


※1 CAP(米国病理学会:College of American Pathologists)
1946年に設立され、品質マネジメントシステムツールの提供、検査室認証及び教育などを主な業務としている学会です。

※2 LAP(臨床検査室認定プログラム:Laboratory Accreditation Program)
CAPにより毎年実施されている、世界最大規模の国際的な臨床検査成績評価プログラムであるCAPサーベイを実施していることを条件として、臨床検査室の設備等のハード面と臨床検査室を運営するソフト面の査察プログラムのこと。

▲このページのトップへ